インターネットのセキュリティ、自分の身を自分で守れない時代 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.19(木)

インターネットのセキュリティ、自分の身を自分で守れない時代

国際 海外情報

SCAN DISPATCH は、アメリカのセキュリティ業界及ハッカーコミュニティから届いたニュースを、狭く絞り込み、深く掘り下げて掲載します。

──

先日、ユーザーがいかにインターネットの衛生に気を使っていても、スパムやマルウエアの被害から逃れないという現状を報告したばかりだ。

この事実を裏付けるのが、StopBadware.org によるレポート「Trends in Badware 2007: What internet users need to know」である。

StopBadware.orgは、Harvard Law School's Berkman Center for Internet & Societyと、 Oxford University's Oxford Internet Institute が率先するイニシアチブで、Google、Lenovo、Sun Microsystems などがスポンサーになっている。

StopBadware.org では、マルウエアやウイルスをダウンロードさせるWebページのリストを持っており、その数は約20万だ。問題なのは、その中の約半数以上が正規サイトであることだ。

StopBadware.org はプレスリリースで「ユーザーが有名Webサイトをブラウズするだけで感染してしまうのがトレンドとなった」と言及。ハッキングされたWebマスターの多くは、自分のサイトがハックされていることを知らないというのが現状だそうだ。

電子メールでも、正規メールを装ったスパムが多く、巧妙に作られたメールはフィッシング詐欺被害を拡大している。これを受けてPayPal、eBay、Yahoo!は共同で、正規サーバーから発送されたメールに電子署名を追加し、DomainKeys技術を使って偽装メールをユーザーが見分けることができるサービスを開始したばかりだ。

ところが、10月5日に、セキュリティ企業のMaarshal社が、YouTubeのサーバーがハッキングされ、正規のサーバーからスパムが送付されていることを発見。これは、YouTubeの「友達を招待」の機能を使ったもので、受け取ったメールは正規サーバーから届いた正規メールとまったく同じ形式。「友人からの個人メッセージ」の部分がスパムになっており「おめでとうございます。xbox360とHalo 3が当選しました。www.winhalo3.comを訪れて賞品を手に入れてください」と書いてある。最近のトレンドの敏感なスパマーらしく、Halo 3をエサにつかっているところがミソ。

こうした正規サイトからのスパムにウイルスがのっていたり、マルウエアをダウンロードさせるサイトを訪れさせたりした場合、被害はより深刻になる。ユーザーが自分で自分のセキュリティを守れる時代は過去になりつつある。

【執筆:米国 笠原利香】

【関連リンク】
Trends in Badware 2007
http://www.stopbadware.org/pdfs/trends_in_badware_2007.pdf
──
※ この記事は Scan購読会員向け記事をダイジェスト掲載しました
購読会員登録案内 http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?w02_ssw
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

    搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

  2. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

    セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  3. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

    SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  4. フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

  5. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  6. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  7. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  8. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

  9. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  10. Cisco のセキュリティビジネスに市場が多大な関心を寄せる理由(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×