ウェブルート、9月の国内トップ10スパイウェアランキングを発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.24(土)

ウェブルート、9月の国内トップ10スパイウェアランキングを発表

製品・サービス・業界動向 業界動向

ウェブルート・ソフトウェア株式会社は10月4日、2007年9月に国内で最も多く検知されたスパイウェアのランキングトップ10を発表した。このランキングは、同社のスパイウェア検索ツール「Spy Audit」を利用して集められた最新のスパイウェアの情報をまとめたもの。発表によると、アドウェアでは、1位が前回2位の「System Doctor 2006」、2位が圏外からのランクインで「Sogou」、3位が前回1位の「Virtumonde」となった。

トロイの木馬では、1位が前回4位の、コンピュータがオンライン時にハッカーに無制限のアクセスを許すトロイの木馬「Trojan-Backdoor-Poebot」、2位が前回1位の、コンピュータ上に他の脅威をダウンロードするダウンローダ「Trojan-Downloader-Zlob」、3位が圏外からのランクインで、コンピュータがオンライン時にハッカーに無制限のアクセスを許すトロイの木馬「Trojan-Pushu」となった。3種とも危険度は「非常に高い」としている。

ウェブルート・ソフトウェア
http://www.webroot.co.jp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×