新生銀行がフィッシング詐欺対策として「RSA FraudAction」を採用(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2020.11.26(木)

新生銀行がフィッシング詐欺対策として「RSA FraudAction」を採用(RSAセキュリティ)

RSAセキュリティ株式会社は9月20日、新生銀行のインターネットバンキングのインターネットバンキング「新生パワーダイレクト」のフィッシング詐欺対策の強化策として、フィッシングサイトを閉鎖してネット犯罪の被害を予防する「RSA FraudAction」を採用したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
RSAセキュリティ株式会社は9月20日、新生銀行のインターネットバンキングのインターネットバンキング「新生パワーダイレクト」のフィッシング詐欺対策の強化策として、フィッシングサイトを閉鎖してネット犯罪の被害を予防する「RSA FraudAction」を採用したと発表した。

同サービスは、フィッシングサイトを短時間でシャットダウンすることで、インターネット詐欺被害拡大を防止するサービス。RSA Anti-Fraud Command Center(AFCC:オンライン不正対策指令センター)が24時間365日体制でネットを監視し、不正サイトを探し出してシャットダウンを実施することで、フィッシング詐欺などによる被害を予防する。全世界の大手金融機関をはじめ220社以上で採用されており、国内でもジャパンネット銀行、ソニー銀行などが採用している。

http://japan.rsa.com/press_release.aspx?id=8767
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×