SCAN DISPATCH : スーパーコンピュータが束になってもボットネットにかなわない | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.16(土)

SCAN DISPATCH : スーパーコンピュータが束になってもボットネットにかなわない

国際 海外情報

 SCAN DISPATCH は、アメリカのセキュリティ業界及ハッカーコミュニティから届いたニュースを、狭く絞り込み、深く掘り下げて掲載します。

──

 Storm Wormの威力、感染力が膨大なことは、読者の人ならご存知だろう。では、Storm Worm が作り出した分散型コンピューティングのパワーを、世界のスーパーコンピューターのパワーと比べると一体どうなるだろうか?

 オーストラリアのコンピュータ・サイエンティストのピーター・ガットマン氏が最近実際に試算してみた。まず、2007年6月現在最もパワフルなスパコンの1位から10位までは以下の通りだ(*1)。

1. BlueGene/L - eServer Blue Gene Solution (IBM) 128K CPUs 32TB RAM
2. Jaguar - Cray XT4/XT3 (Cray Inc.) 22K CPUs 46TB RAM
3. Red Storm - Sandia/ Cray Red Storm (Cray Inc.) 26K CPUs 40TB RAM
4. BGW - eServer Blue Gene Solution (IBM) 40K CPUs 10TB RAM
5.New York Blue - eServer Blue Gene Solution (IBM) 37K CPUs 18TB RAM
6. ASC Purple - eServer pSeries (IBM) 12K CPUs 49TB RAM
7. eServer Blue Gene Solution (IBM) ?
8. Abe - PowerEdge 1955 (Dell) 10K CPUs 10TB RAM
9. MareNostrum - BladeCenter JS21 Cluster (IBM) 10K CPUs, 20GB RAM
10. HLRB-II - Altix 4700 (SGI) 10K CPUs 39GB RAM

 7位のeServerを6位のeServerと同じだと仮定しても、全CPUが300K強、RAMが254TB強だ。

 一方、現在Storm Wormのボットネットが“所有”するPCは、推定で100万から1,000万台と言われている。ガットマン氏は「平均的なPCが2.3〜3.3GHz Single Core CPUで、1GBのRAMであるという調査を(*2)基準にすると、Storm Wormのクラスターは、2.8GHz P4sで1〜10M、RAMは1〜10Petabytesということになる」と指摘している。スパコン上位10台が束になっても適わない能力だと言えるのだ。

 このStorm Wormは、ルーマニアのセキュリティ企業BitDefender社の8月の統計では、24.7%でマルウエア第1位だ。 ちなみに、今週になって米国のITセキュリティ企業が相次いで、NFLのファンをターゲットにしたStorm Wormのスパムが急増していると警告している。中でもSophos社は、こうしたスポーツファンをターゲットにした攻撃が増えていることについて、70%の社員がなんらかのファンタジー・スポーツ・リーグに参加しており、そのうちの65%が会社から自分のチームの成績をチェックしているという同社の調査をあげて、企業としても見逃せないトレンドであると指摘している。

 Storm Worm は、スパムメールの受信者がメール内のリンクをクリックして偽のNFLサイトに行くことによってダウンロードしてしまうもので、「NFLTracker」とか「ファンタジー・フットボール・ニュースレター」などと、スポーツ・ファンの心をくすぐるスパムになっているところがミソ。

 それにしても、これだけのCPUパワーを持っているStorm Botnetだが、「単なるスパム配信のためならばこれほどのパワーはいらない。一体何をするつもりなのか?」とガットマン氏が投げかける疑問もうなずける。
【執筆:米国 笠原利香】

(*1)TOP500 Supercomputer Sites
http://www.top500.org
(*2)Valve Survey Summary
http://www.steampowered.com/status/survey.html

【関連URL】
eBayのアカウントを盗む攻撃、出品歴が長く高評価のIDほど高値で売買
https://www.netsecurity.ne.jp/2_9941.html
iPhone購入者詐欺用ボットネットが発見される
https://www.netsecurity.ne.jp/2_9617.html
ボットをあぶり出せ!FBIのボット撲滅作戦 (1)
https://www.netsecurity.ne.jp/2_9534.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

    死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

  2. どこかへ跳んでいけ、出来の悪いラビット(The Register)

    どこかへ跳んでいけ、出来の悪いラビット(The Register)

  3. 米軍のSNSに対する膨大なスパイアーカイブ、AWS で数十テラ閲覧可(The Register)

    米軍のSNSに対する膨大なスパイアーカイブ、AWS で数十テラ閲覧可(The Register)

  4. 捜査中だった米大統領選に使用されたサーバのデータが消失(The Register)

  5. ロシアが中印らと独自インターネット構築か、グローバルDNS分裂の危機を追う(The Register)

  6. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  7. Anonymousが幼児虐待の秘密の拠点を閉鎖~Tor小児愛者を攻撃し氏名を暴露(The Register)

  8. インドのレジストリで情報漏えい、インドのネットを壊滅させるデータのビットコイン価格とは(The Register)

  9. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

  10. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×