現役ペンテスト技術者が選ぶ 使えるセキュリティツール(5)「The GNU Netcat(前編)」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.21(金)

現役ペンテスト技術者が選ぶ 使えるセキュリティツール(5)「The GNU Netcat(前編)」

このコーナーでは、現役のペネトレーションテスト技術者が、使えるセキュリティツールを、ペンテストの現場の視点から紹介します。

特集 特集
このコーナーでは、現役のペネトレーションテスト技術者が、使えるセキュリティツールを、ペンテストの現場の視点から紹介します。


・名称…The GNU Netcat

・分野…ネットワークユーティリティ

・配布制限…GPL

・商用版の有無…無

・類似ツール…telnet , SSLCat , cryptcat

・DL URL…http://netcat.sourceforge.net/
Windows版 netcat ※
http://www.vulnwatch.org/netcat/

・対応OS…Linux系OS(Windows系OS)

※The GNU Netcat とおおむね機能面では同じであるが一部に異なる点がある。


(1) 基本項目と概要
─────────
 このツールは元々「netcat」という名前で1990年代後半頃、開発・公開され、現在は、プロジェクト化され「The GNU Netcat」(以下nc)として引き続き開発が行われているネットワークユーティリティである。接続モードでは、任意のサーバ、ポートを指定し接続を行うことができ、telnetのように対話的に使用したり、ポートスキャナとして使用することもできる。待ち受けモードでは、任意のポートをで待ち受けを行い、接続してきたクライアントと対話することができる。また、新しい機能としては、通信をブリッジさせるトンネルモードというものも用意された。


(2) コマンドサンプル
──────────
今回は、接続モードの紹介をしよう。ncで接続モードを使用する場合(接続先はTCPポート)の方法は、

nc 対象のアドレス(ホスト名) ポート番号

の形式で接続を行う。

例えば、10.100.0.1のアドレスを持つサーバのSMTPポート(25番)に接続した場合は以下のように行う。

nc 10.100.0.1 25

それでは、実際にSMTPポートに接続を行ったログを見てみよう…

【執筆:NTTデータ・セキュリティ株式会社 辻 伸弘】
NTTデータ・セキュリティ株式会社
http://www.nttdata-sec.co.jp/
──
※ この記事は Scan購読会員向け記事をダイジェスト掲載しました
購読会員登録案内 http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?w02_ssw
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×