ソフォス、2007年8月の「ウイルス傾向レポート」を発表 | ScanNetSecurity
2020.11.25(水)

ソフォス、2007年8月の「ウイルス傾向レポート」を発表

ソフォス株式会社は9月3日、2007年8月のWebベースおよびメールベースのコンピュータウイルスそれぞれの報告数をまとめた「Webウイルストップ10」および「メールウイルストップ10」を発表した。同社グローバルモニタリングチームの調査によると、8月にメールに添付して配

製品・サービス・業界動向 業界動向
ソフォス株式会社は9月3日、2007年8月のWebベースおよびメールベースのコンピュータウイルスそれぞれの報告数をまとめた「Webウイルストップ10」および「メールウイルストップ10」を発表した。同社グローバルモニタリングチームの調査によると、8月にメールに添付して配信されたウイルスの数は劇的に減少している。2007年1〜6月には、全メールに対するメールウイルスの割合は322通に1通だったが、8月には1,000通に1件となっている。しかし一方で、スパムの被害は深刻化している。

2007年8月におけるWebウイルストップ10の上位は、「Mal/Iframe」が47.8%で1位、「Mal/ObfJS」が17.7%で2位、「Troj/Decdec」が14.0%で3位となった。また、2007年8月に同社が検知した、マルウェアに感染したWebサイトをホスティングしている国別にまとめたランキングは、中国(香港を含む)が44.8%で1位、アメリカが20.8%で2位、ロシアが11.3%で3位であった。トップ10メールウイルスの上位は、「W32/Netsky」が30.5%で1位、「W32/Zafi」が20.0%で2位、「W32/Mytob」が15.0%で3位となっている。

ソフォス、2007年8月の『ウイルス傾向レポート』を発表
http://www.sophos.co.jp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×