反米運動のために国連サイトを改ざん | ScanNetSecurity
2021.07.25(日)

反米運動のために国連サイトを改ざん

ハッカーが国際連合(国連)のウェブサイトを攻撃して、「米国とイスラエルは子どもを殺すな」という内容のメッセージが書き込まれた。

国際 海外情報
ハッカーが国際連合(国連)のウェブサイトを攻撃して、「米国とイスラエルは子どもを殺すな」という内容のメッセージが書き込まれた。

攻撃を受けたのは、国連の潘基文事務総長のページだ。ページの右下には通常、最新のスピーチを行った場所と簡単な内容説明が表示されているが、代わりに“cyberprotest(サイバー抗議)”として「米国、イスラエルの両国が子どもたちを殺害している」と攻撃し、“Peace for ever(平和よ永遠に)”、“No War(戦争反対)”と書き込んでいる。改ざん者は“kerem125”、“Gsy”、“M0sti”と名乗っている。

被害を受けたのは、潘事務総長のページだけではなかったようだ。英国BBCによると、ハッカーは同じく国連のサイトのうち数ページを攻撃し、他のページの攻撃でも同じ名称を使っていたという。

CyberProtestが攻撃を行った他のサイトで、Eno7というメンバーは自身をITセキュリティの専門家だと説明している。イスラエルが昨年、レバノンに対して攻撃を行ったことに対して抗議していた、このEno7がグループのリーダーらしい。

犯行グループは…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×