反米運動のために国連サイトを改ざん | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

反米運動のために国連サイトを改ざん

国際 海外情報

ハッカーが国際連合(国連)のウェブサイトを攻撃して、「米国とイスラエルは子どもを殺すな」という内容のメッセージが書き込まれた。

攻撃を受けたのは、国連の潘基文事務総長のページだ。ページの右下には通常、最新のスピーチを行った場所と簡単な内容説明が表示されているが、代わりに“cyberprotest(サイバー抗議)”として「米国、イスラエルの両国が子どもたちを殺害している」と攻撃し、“Peace for ever(平和よ永遠に)”、“No War(戦争反対)”と書き込んでいる。改ざん者は“kerem125”、“Gsy”、“M0sti”と名乗っている。

被害を受けたのは、潘事務総長のページだけではなかったようだ。英国BBCによると、ハッカーは同じく国連のサイトのうち数ページを攻撃し、他のページの攻撃でも同じ名称を使っていたという。

CyberProtestが攻撃を行った他のサイトで、Eno7というメンバーは自身をITセキュリティの専門家だと説明している。イスラエルが昨年、レバノンに対して攻撃を行ったことに対して抗議していた、このEno7がグループのリーダーらしい。

犯行グループは…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×