100万件近い米国軍人などの情報漏洩か? | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

100万件近い米国軍人などの情報漏洩か?

Science Applications International Corporation (SAIC)が、米国軍人とその家族などの個人情報が漏洩した可能性があると発表した。被害を受けているかもしれないとみられているのは86万7000人分の情報だ。

国際 海外情報
Science Applications International Corporation (SAIC)が、米国軍人とその家族などの個人情報が漏洩した可能性があると発表した。被害を受けているかもしれないとみられているのは86万7000人分の情報だ。

SAICは本社をカリフォルニア州サンディエゴに置く科学技術エンジニアリング企業で、国防総省をはじめとする政府関連のシステム・インテグレーションで実績を誇る。Fortune 500に名前を連ねる大企業だ。

『Washington Post』では、被害を受けた可能性がある米空軍のスポークスパーソン、ジーン・シェーファーから話を聞いている。シェーファーによれば、漏洩が発見されたのは5月。ヘルスケア契約の下、SAICが処理したデータに関するものだったという。ネットワーク・トラフィックの定期スキャンで、サーバーから送信された医療データがハッカーの攻撃に対してセキュアでなかったことがわかった。

情報はSAICが所有する、セキュアでないサーバーに保管されていたと、SAICはプレスリリースで発表している。その上…

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×