ウェブルート、7月の国内トップ10スパイウェアランキングを発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.23(火)

ウェブルート、7月の国内トップ10スパイウェアランキングを発表

製品・サービス・業界動向 業界動向

ウェブルート・ソフトウェア株式会社は8月6日、2007年7月に国内で最も多く検知されたスパイウェアのランキングトップ10を発表した。このランキングは、同社のスパイウェア検索ツール「Spy Audit」を利用して集められた最新のスパイウェアの情報をまとめたもの。発表によると、アドウェアでは、1位が前回圏外から「Virtumonde」、2位が「DriveCleaner」、3位が「System Doctor 2006」となった。1位、2位は前月と同じ結果だ。

トロイの木馬では、1位がユーザの気付かないうちに許可なくウェブサイトへのアクセスを許すトロイの木馬「Trojan Hachilem」、2位がコンピュータ上に他の脅威をダウンロードするダウンローダ「Trojan-Downloader-Zlob」、3位がコンピュータがオンライン時にハッカーに無制限のアクセスを許すトロイの木馬「Trojan-Backdoor-Poebot」となった。3種とも危険度は「非常に高い」としている。システムモニタでは、1位が「Password Spectator」、2位が「ICUSurf」で、3位以降は該当なしとしている。

ウェブルート・ソフトウェア
http://www.webroot.co.jp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×