汎用組込みLinuxルーターキット用開発ソフトウェアを販売開始(アドテック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

汎用組込みLinuxルーターキット用開発ソフトウェアを販売開始(アドテック)

株式会社アドテックは7月26日、アドテックダイレクトショップで販売中の汎用組込みLinuxルーターキット『白木印「生」』用開発ソフトウェアの販売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社アドテックは7月26日、アドテックダイレクトショップで販売中の汎用組込みLinuxルーターキット『白木印「生」』用開発ソフトウェアの販売を開始した。

販売するのは、秘密分散技術として最先端である「GFI電子割符」を使ったセキュリティ用SDK(ソフトウェア開発キット)で、『白木印「生」』を使って開発することにより、高度なセキュリティを保つ電子割符技術を組み込んだアプリケーションを開発することが可能。価格は3,000円。

また、これに合わせ、『白木印「生」』用のNetBSD 3系バイナリー、『白木印「生」』をファイルサーバとして使うためのモジュール、ネットワーク上のトラフィック監視サーバ用モジュール、RADIUS認証モジュールなどが、8月3日から順次「25時」Webサイトにて公開され、無償ダウンロード可能となる。

http://www.adtec.co.jp/pressrelease/2007/070726/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×