ホワイトペーパー抄録「ID管理の導入に失敗しないために 〜 今見直されるアイデンティティ管理」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

ホワイトペーパー抄録「ID管理の導入に失敗しないために 〜 今見直されるアイデンティティ管理」

特集 特集

株式会社アクシオ

ScanNetSecurity編集部では、2007年4月から特集記事として掲載していた「IT統制を支えるアイデンティティ管理の導入法」をまとめたホワイトペーパーの無償ダウンロードを開始しました。

このホワイトペーパーでは、前回紹介した「ID管理に失敗しないための要件定義」についてのみでなく、ID管理製品の選択基準についても解説しています。以下にその一部を掲載します。

──

「現在市場に出回っているID管理製品は、大まかに情報を格納するリポジトリのタイプによって分けられる。ID管理データの参照元として、ディレクトリとデータベースのどちらが良いのか。また、ID管理とSSO(シングルサインオン)のどちらを先に導入すべきだろうか。(中略)
IDM製品はIDMとしての情報格納リポジトリがNovell Identity Managerや「Microsoft Identity Integration Server 2003」のようなディレクトリベースであるか、Sun Java System Identity Managerや「Oracle Identity Access Man agement Suite」のようなDB(データベース)ベースかという基準によって分類される。
IDMコアが連携起点であり、かつIDMコアにデータを参照しにくるシステムがある場合は、ディレクトリベースが優位となることが多い。しかし、参照を行うシステムがなければディレクトリとDBのどちらでもよくなる。また、最近のトレンドであるワークフロー処理などは、、、」

(「第3回.カタログでは決して分からないID管理製品の選択基準」より抜粋)

>> https://shop.ns-research.jp/form/fm/axo
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×