AT&Tグローバルサービス、SaaS型セキュリティソリューションを発表 〜SaaSは“Software as a Service”にあらず | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

AT&Tグローバルサービス、SaaS型セキュリティソリューションを発表 〜SaaSは“Software as a Service”にあらず

特集 特集

AT&Tグローバル・サービスは2007年7月25日、都内でSaaS型最新セキュリティソリューション「AT&T Web Security」の発表を行った。AT&Tのネットワーク側で顧客ネットワークのセキュリティを確保するサービスで、2007年10月から提供予定だという。

同サービスは、「Web Malware スキャン」「Web フィルタリング」「IMControl」の3つのコンポーネントから構成され、要望に合わせて選択が可能だ。

「Web Malware スキャン」は、ウイルスやマルウェアなど悪意あるプログラムの社内侵入を防ぐサービスで、「Web フィルタリング」は特定のカテゴリに含まれるWebサイトを社員が見られなくするサービス。多くの会社員が就業中にインターネットを私的利用しているためにスパイウェア等に感染するのを阻止するためで、見られなくするWebサイトのカテゴリは管理者が選択できる。

また、「IM Control」はインスタントメッセンジャー経由でウイルス感染するのを防ぐためにIM使用を制限するサービスである。

利用料金は未定だが、1ユーザーあたり1ヶ月数百円程度になる見込みだという。ただし250ライセンス以上の利用に限定する。

同社は2007年9月1日にAT&Tジャパンに社名変更し、「セキュリティ&コンプライアンス」「ビジネス変革サポート」「グローバル」の3つのフォーカスエリアに注力する。

ソリューション推進本部サービス企画部部長の渕上氏によると、今回のSaaS型サービスは「セキュリティ&コンプライアンス」の1つとして位置づけ、SoftwareだけでなくSecurityもネットワークから必要なときに調達して使う考え方として「Security as a Service」略して「Saas」型セキュリティソリューションを提供したいと述べた。

「AT&T Web Security」の他、ネットワーク型のファイアウォールサービス「AT&T Network-Based Firewall Service」、電子メールのセキュリティサービス「AT&T Secure E-Mail Gateway」、トラフィックディフェンスサービス「AT&T Internet Protect」なども順次国内で提供していくとしている。

http://www.jp.att.com/press/pr_072507.htm

【執筆:SCAN編集部】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×