デフコン旗取りゲーム、日本チーム参戦マニュアル (2) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

デフコン旗取りゲーム、日本チーム参戦マニュアル (2)

7月18日のScan Security Wireで掲載したデフコン旗取りゲーム、日本チーム参戦マニュアル、今週は続きを掲載します。チーム dumbtech は予選を通過したのでしょうか。

特集 特集
7月18日のScan Security Wireで掲載したデフコン旗取りゲーム、日本チーム参戦マニュアル、今週は続きを掲載します。チーム dumbtech は予選を通過したのでしょうか。



SCAN:
CTFの予選では、Binary Leetness、Forensics、Web Hacking、Potent Pwnables、Triviaの5つにカテゴリー分けされた課題が出されるとのことでした。1つのカテゴリーにつき5問、計25問が出されたそうですね?

dumbtech:
はい。この5題は難易度がばらばらで、解けると難易度順に500点、400点、300点、200点、100点が与えられる仕組みでした。

SCAN:
100点の問題でもさぞ難しいのでしょうね?

dumbtech:
普段業務でやっている、ForensicsやWeb Hackingはほぼすべて出来ました。でもWeb Hackingの300点の問題は極めて難しくて、正解したチームはほとんどいなかったそうですよ。私たちも解けませんでした。一方、Potent Pwnableの問題は私たちは全然ダメでした。というのも、言い訳がましいのですが、OSがMACだったんですよ。MACの環境が社内になかったため、おかげで歯が立ちませんでした。準備不足と言われればそれまでですが。

SCAN:
実際にどのような問題が出題されたのですか?

dumbtech:
たとえばForensicsの100点の問題は、デジカメで撮られたある写真の画像が出てきて、この写真が撮られた場所はどこか?という問題でした。またTriviaの200点の問題は、去年のDEFCONで使われたOSは?という問題でした。そんなの知るかという感じですが正答しましたよ。Googleなどネットを使って調べたりツールを入手することが多かったですね。

SCAN:
難しそうですね。

dumbtech:
100点から400点の問題に関しては、答えがわかればそんな感じか、という程度ではありましたが、500点の問題はユニークで面白かったですね。連鎖的なハッキングが必要になってきたりするんですよね…

●取材協力
サイバーディフェンス研究所
http://www.cyberd.co.jp/
ぺネトレーションテスト
https://www.netsecurity.ne.jp/product/s00331/

【執筆:SCAN編集部】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×