ホワイトペーパー抄録「ID管理の導入に失敗しないために 〜 今見直されるアイデンティティ管理」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

ホワイトペーパー抄録「ID管理の導入に失敗しないために 〜 今見直されるアイデンティティ管理」

ScanNetSecurity編集部では、2007年4月から特集記事として掲載していた「IT統制を支えるアイデンティティ管理の導入法」をまとめたホワイトペーパーの無償ダウンロードを開始しました。

特集 特集
ScanNetSecurity編集部では、2007年4月から特集記事として掲載していた「IT統制を支えるアイデンティティ管理の導入法」をまとめたホワイトペーパーの無償ダウンロードを開始しました。

このホワイトペーパーでは、前回紹介した「ID管理に失敗しないための要件定義」についてのみでなく、ID管理製品の選択基準についても解説しています。以下にその一部を掲載します。

──

「現在市場に出回っているID管理製品は、大まかに情報を格納するリポジトリのタイプによって分けられる。ID管理データの参照元として、ディレクトリとデータベースのどちらが良いのか。また、ID管理とSSO(シングルサインオン)のどちらを先に導入すべきだろうか。(中略)
IDM製品はIDMとしての情報格納リポジトリがNovell Identity Managerや「Microsoft Identity Integration Server 2003」のようなディレクトリベースであるか、Sun Java System Identity Managerや「Oracle Identity Access Man agement Suite」のようなDB(データベース)ベースかという基準によって分類される。
IDMコアが連携起点であり、かつIDMコアにデータを参照しにくるシステムがある場合は、ディレクトリベースが優位となることが多い。しかし、参照を行うシステムがなければディレクトリとDBのどちらでもよくなる。また、最近のトレンドであるワークフロー処理などは、、、」 

(「第3回.カタログでは決して分からないID管理製品の選択基準」より抜粋)

>> https://shop.ns-research.jp/form/fm/axo
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×