ホワイトペーパー抄録「ID管理の導入に失敗しないために 〜 今見直されるアイデンティティ管理」 | ScanNetSecurity
2021.12.05(日)

ホワイトペーパー抄録「ID管理の導入に失敗しないために 〜 今見直されるアイデンティティ管理」

ScanNetSecurity編集部では、2007年4月から特集記事として掲載していた「IT統制を支えるアイデンティティ管理の導入法」をまとめたホワイトペーパーの無償ダウンロードを開始しました。

特集 特集
ScanNetSecurity編集部では、2007年4月から特集記事として掲載していた「IT統制を支えるアイデンティティ管理の導入法」をまとめたホワイトペーパーの無償ダウンロードを開始しました。

このホワイトペーパーでは、前回紹介した「ID管理に失敗しないための要件定義」についてのみでなく、ID管理製品の選択基準についても解説しています。以下にその一部を掲載します。

──

「現在市場に出回っているID管理製品は、大まかに情報を格納するリポジトリのタイプによって分けられる。ID管理データの参照元として、ディレクトリとデータベースのどちらが良いのか。また、ID管理とSSO(シングルサインオン)のどちらを先に導入すべきだろうか。(中略)
IDM製品はIDMとしての情報格納リポジトリがNovell Identity Managerや「Microsoft Identity Integration Server 2003」のようなディレクトリベースであるか、Sun Java System Identity Managerや「Oracle Identity Access Man agement Suite」のようなDB(データベース)ベースかという基準によって分類される。
IDMコアが連携起点であり、かつIDMコアにデータを参照しにくるシステムがある場合は、ディレクトリベースが優位となることが多い。しかし、参照を行うシステムがなければディレクトリとDBのどちらでもよくなる。また、最近のトレンドであるワークフロー処理などは、、、」 

(「第3回.カタログでは決して分からないID管理製品の選択基準」より抜粋)

>> https://shop.ns-research.jp/form/fm/axo
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×