マカフィー、情報漏洩に関する新しい調査報告を発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

マカフィー、情報漏洩に関する新しい調査報告を発表

製品・サービス・業界動向 業界動向

マカフィー株式会社7月25日、「Datagate: The Next Inevitable Corporate Disaster?(データゲート:避けられない企業災害?)」と題された研究報告の日本語版を発表した。これは、マカフィーの委託を受けてデータモニター社が行った世界的な調査で、米国、イギリス、フランス、ドイツ、オーストラリアの従業員数250人以上の企業のIT専門家1400人以上に対してアンケートを実施したもの。

調査結果によると、セキュリティ違反の危険性への認識は高まっているものの、問題発生は拡大の一途をたどっていることが判明した。回答者の60%が過去1年間で情報漏洩を経験していると答え、過去2年間一度も経験していないと自信を持って答えた回答者はわずか6%だった。さらに、セキュリティ被害が拡大しているにもかかわらず、企業がデータセキュリティに費やされるIT予算は、平均では予算全体のわずか0.5%であった。また、回答者の33%が、機密データの不慮の、あるいは意図的な大規模な情報漏洩により、企業が倒産に追い込まれる可能性もあると答えている。

マカフィー
http://www.mcafee.com/jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×