慈善事業に寄付する個人情報盗難犯 | ScanNetSecurity
2021.12.04(土)

慈善事業に寄付する個人情報盗難犯

7月9日、「クレジットカード情報を不正に取得した犯人が事業に寄付を行うケースが増えている」と『TECHWORLD』が報じた。

国際 海外情報
7月9日、「クレジットカード情報を不正に取得した犯人が事業に寄付を行うケースが増えている」と『TECHWORLD』が報じた。

報道は「Symantecではインターネットベースのクレジットカード不正における興味深い傾向を確認した」とするSymantecのブログに基づくもので、「慈善事業への寄付が増加している」という。しかし、これは犯人たちが慈善活動に関心があるというわけではなく、不正に取得したクレジットカード情報が正しいか確認するためらしい。

個人情報盗難におけるクレジットカード番号の不正取得で、その情報が正しいかどうかは極めて重要だ。これらの情報はインターネット地下組織で売買されている。『TECHWORLD』が話を聞いたSymantecのズルフィカー・ラムザン上級研究員によると、その料金は米国のカード情報なら1件当たり1ドルから6ドル、英国の情報は2ドルから12ドルということで決して高くはない。しかし…

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×