人気のハリー・ポッターでユーザーを騙す | ScanNetSecurity
2021.12.08(水)

人気のハリー・ポッターでユーザーを騙す

7月21日に発売が予定されている、人気シリーズ“ハリー・ポッター”の最終巻『Harry Potter and the Deathly Hallows(ハリー・ポッターと死の秘法)』。世界的な大ヒット作の完結編、ファン待望の1冊ということで、発売前から関係者によると見られる内容リークなどで世

国際 海外情報
7月21日に発売が予定されている、人気シリーズ“ハリー・ポッター”の最終巻『Harry Potter and the Deathly Hallows(ハリー・ポッターと死の秘法)』。世界的な大ヒット作の完結編、ファン待望の1冊ということで、発売前から関係者によると見られる内容リークなどで世間を騒がせている。今度は、この『Harry Potter and the Deathly Hallows』のコピーが入ったファイルと偽ってPCを感染させるワームが見つかった。

このワームはW32.Hairly-Aと名づけられている。イギリス人作家JKローリングによる名作の、英国での出版社“Bloomsbury Publishing”にハッキングして、最新作の内容情報を獲得したと、ウェブサイトやメーリングリストで発表。発売前に読みたいと考えたユーザーのPCを、USBプラグインにより自動的に感染させてしまう。

感染のプロセスは

1.ユーザーがUSBから自動起動するようにしていると、まず…

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×