福岡銀行、三井住友銀行が「SecurID」「FraudAction」をそれぞれ採用(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.12.07(火)

福岡銀行、三井住友銀行が「SecurID」「FraudAction」をそれぞれ採用(RSAセキュリティ)

RSAセキュリティ株式会社は6月28日、福岡銀行が、インターネット・バンキング利用時の認証を強化するセキュリティ対策として、ワンタイム・パスワード「RSA SecurID」の採用を決定したと発表した。また6月29日には、三井住友銀行がフィッシング詐欺対策の強化策として、

製品・サービス・業界動向 業界動向
RSAセキュリティ株式会社は6月28日、福岡銀行が、インターネット・バンキング利用時の認証を強化するセキュリティ対策として、ワンタイム・パスワード「RSA SecurID」の採用を決定したと発表した。また6月29日には、三井住友銀行がフィッシング詐欺対策の強化策として、偽のWebサイトを閉鎖してフィッシング詐欺被害を防止する「RSA FraudAction(フロードアクション)」を7月より導入すると発表した。

福岡銀行は、日立が4月に発表したRSA SecurIDを使用する認証サービスを使い、9月からワンタイム・パスワードの認証を開始する予定。希望する利用者にはトークン費用を含め無償で提供する。また、三井住友銀行が導入するFraudActionは、RSA Anti-Fraud Command Center(AFCC:オンライン不正対策指令センター)が24時間365日体制で不正サイトを探知し、シャットダウンを実施することで、フィッシング詐欺の被害拡大を防止するもの。既に、国内外の大手金融機関をはじめとする200社以上で採用されており、シャットダウンに要する時間は、ほとんどのケースで5時間以内、最短時間は僅か5分とのこと。

http://japan.rsa.com/news/data/20070629.html
http://japan.rsa.com/news/data/20070628.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×