端末操作記録ツールに機能強化した最新版を発売(ネットワールド、アイベクス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.18(月)

端末操作記録ツールに機能強化した最新版を発売(ネットワールド、アイベクス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社ネットワールドとアイベクス株式会社は6月12日、端末操作記録ツールの最新版として「Meta Logger Ver 1.3」を同日より発売したと発表した。本製品は、Citrix Presentation Serverによるサーバベースコンピューティング環境に対応したクライアント操作記録ツール。新たに「CitrixPresentation Server 4.5」に対応した。価格はインストール用メディアキットが5,000円、アカウントライセンスが1ユーザあたり9,000円となっている。

また、メール送受信ログでは送信時のBCCアドレスも取得が可能になり、メール利用の情報漏洩への抑止効果が向上している。ファイル操作時の記憶デバイス情報も、HDDより、USBメモリにファイルをコピーした、といった状態が以前より分りやすくなっている。このほか、操作ウインドウのタイトル情報の追加、クリップボードペースト時の記録、ネットワーク/ローカルプリンタ判定、ユーザのログイン情報の強化、複数ドメインの集中管理が容易になるなどの機能が拡張されている。

http://www.networld.co.jp/news/press2007/0612.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×