ウェブルート、5月の国内トップ10スパイウェアランキングを発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.21(土)

ウェブルート、5月の国内トップ10スパイウェアランキングを発表

製品・サービス・業界動向 業界動向

ウェブルート・ソフトウェア株式会社は6月4日、2007年5月に国内で最も多く検知されたスパイウェアのランキングトップ10を発表した。このランキングは、同社のスパイウェア検索ツール「Spy Audit」を利用して集められた最新のスパイウェアの情報をまとめたもの。発表によると、アドウェアでは、1位が「CnsMin」、2位が「Cydoor」、3位が「DriveCleaner」となり、前月と同様のランキングとなった。

トロイの木馬では、1位が「Trojan-Downloader-Zlob」、2位が「Trojan Hachilem」、3位が「Trojan-Downloader-Ruin」と、こちらも前月と変わっていない。システムモニタでは、1位が「Any@Web、2位が「Win-Spy Monitor」、3位が「Skin98」と、2位と3位が入れ替わった。同社では、アドウェアの「WinAntiVirusPro 2007(日本語版)」およびトロイの木馬の「WinAntiVirus Pro FakeAlert」が発見されたことを受け、注意を呼びかけている。

ウェブルート・ソフトウェア
http://www.webroot.co.jp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×