米運輸保安庁から10万件の個人情報が不明 | ScanNetSecurity
2021.09.16(木)

米運輸保安庁から10万件の個人情報が不明

米国運輸保安庁(Transportation Security Administration:TSA)が、10万人の職員のデータが入ったコンピュータのハードドライブを紛失したと、5月4日付けでAPが明らかにしている。入っていたデータは、氏名、生年月日、社会保険番号、金融機関の情報、給与などについて

国際 海外情報
米国運輸保安庁(Transportation Security Administration:TSA)が、10万人の職員のデータが入ったコンピュータのハードドライブを紛失したと、5月4日付けでAPが明らかにしている。入っていたデータは、氏名、生年月日、社会保険番号、金融機関の情報、給与などについてだ。

事件はキップ・ホーリー長官名で、情報漏洩被害者に対して送付された通知で明らかになった。被害に遭ったのは、2002年1月から2005年8月の間にTSAで勤務していた職員で、航空警察官も含まれている。その後、雇用された職員の情報は無事だった。

TSAでは被害者に対して、1年間の信用監視サービスを無料で提供している。サービスを利用すると、被害者の名前でクレジットカードの申し込みなどがあった場合には、まず確認のために本人に連絡が行われ、個人情報の不正使用を防止する。さらに信用報告書などの作成も行うので、被害者はその内容をチェックし、知らないうちに不正使用されていないか調べることができる。

さらに個人情報盗難保険も提供。2万5000ドルまでの被害はカバーする他、情報を悪用されたときのペーパーワークが円滑に進むよう支援する。

ハードドライブが行方不明となっているのに気付いたのは5月3日だという。場所は人事部のある本部の管理区域で、懸命に探したものの見つからなかった。そのため…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×