スパムメール対策ソリューションが評価テストでナンバーワンを獲得(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.09.24(金)

スパムメール対策ソリューションが評価テストでナンバーワンを獲得(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロ株式会社は5月18日、独立系テスト機関のオーパス・ワン(Opus One)によるスパムメール対策ベンチマークテストにおいて、同社のスパムメール対策ソリューションが97.36%という最高の検出率を達成したことを発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
トレンドマイクロ株式会社は5月18日、独立系テスト機関のオーパス・ワン(Opus One)によるスパムメール対策ベンチマークテストにおいて、同社のスパムメール対策ソリューションが97.36%という最高の検出率を達成したことを発表した。

オーパス・ワンは、米国を拠点とするITコンサルティング会社で、24年間にわたって数百種類の製品の公開テストを実施してきた独立系のテスト機関。テストは、同社を含む6社のソリューションを対象に実施され、同社の法人向けゲートウェイ製品に採用されている「E-mailレピュテーション機能」とスパム対策エンジンを組み合わせたマルチレイヤーでのスパム対策ソリューションが最高の検出率を達成した。2位はシマンテックの製品で96.60%だった。

E-mailレピュテーション機能は、16億以上のIPアドレスに関する情報を格納したデータベースと、リアルタイムで新たなスパムメール発信元を識別するレピュテーションサービスを使用し、メールサーバの入口でスパムメールをブロックするもの。単体提供のほか、法人向け総合メールセキュリティソフトウェア「InterScan Massaging Security Suite」と連携する「Trend Micro Spam Prevention Solution」に搭載されている。

http://jp.trendmicro.com/jp/about/news/pr/article/20070518043554.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×