愛知県立高校の教諭が生徒289名分の個人情報を記録したメモリを紛失 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

愛知県立高校の教諭が生徒289名分の個人情報を記録したメモリを紛失

製品・サービス・業界動向 業界動向

愛知県教育委員会は4月10日、同県安城市内にある県立高校の女性教諭がフラッシュメモリーを紛失したと発表した。これは同教諭が進路指導室において生徒の調査書をPC整理し、一時的にデータを保存した私有のメモリが紛失したというもの。このメモリには、同校を今春卒業した生徒289人の氏名、住所、1年生から3年生時の全科目の評定が保存されていたという。


愛知県教育委員会
http://www.pref.aichi.jp/kyoiku/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×