複雑な検査を自動化できるWebアプリケーション脆弱性検査ソフトを発売(ウォッチファイア・ジャパン) | ScanNetSecurity
2021.07.27(火)

複雑な検査を自動化できるWebアプリケーション脆弱性検査ソフトを発売(ウォッチファイア・ジャパン)

ウォッチファイア・ジャパン株式会社は3月15日、日本語に対応したWebアプリケーション脆弱性検査ソフトウェアの新製品「AppScan(アップスキャン)7」を3月30日より出荷開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ウォッチファイア・ジャパン株式会社は3月15日、日本語に対応したWebアプリケーション脆弱性検査ソフトウェアの新製品「AppScan(アップスキャン)7」を3月30日より出荷開始すると発表した。

同製品は、Webアプリケーションの脆弱性検査に必要な「アプリケーションの探査」「テスト」「問題の内容と修正方法の提示」「レポート生成」の過程を自動化する検査ソフトウェア。自動でWebサイトのリンクをたどり、収集した情報を元に潜在的に脆弱性を持つページに対してテスト項目を自動生成し、実際に送信して脆弱性を発見。問題箇所を重要度によって色分けして表示し、それぞれの説明とともに推奨される修正方法も同時に提示することが可能。また、自動作成されるレポートは、経営者向け、セキュリティ担当者向け、開発者向けなど、ユーザーの要望に合わせてレイアウトなどが選べるほか、さらに個人情報保護法、PCIデータセキュリティ標準、SOX法など標準や法令に則したレポート生成にも対応。

他にも、ワンタイム・パスワードやキャプチャなどの2要素認証によるログインへの対応、FlashやJavaScriptの解析、権限拡張テスト、またセッション内にあるかどうかを能動的に検査する機能などにより、既存の検査ソフトでは自動化が困難であった複雑な構成のWebサイトにも対応。検査にかかる作業量を大幅に削減できる。

価格は、シングルサーバ版の場合で年間ライセンス997,500円(保守およびアップグレード料込み)〜。

http://www.watchfire.com/jp/news/releases/03-15-07.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×