「インターネット利用に関する調査結果2007」を発表(デジタルアーツ) | ScanNetSecurity
2021.07.28(水)

「インターネット利用に関する調査結果2007」を発表(デジタルアーツ)

デジタルアーツ株式会社は3月15日、同社がインターネットを利用する男女927名を対象に実施した「インターネット利用に関する調査結果2007」の調査結果を発表した。調査結果によると、回答者本人あるいは回答者の家族にとって、インターネット利用への不安・危険要素の最

製品・サービス・業界動向 業界動向
デジタルアーツ株式会社は3月15日、同社がインターネットを利用する男女927名を対象に実施した「インターネット利用に関する調査結果2007」の調査結果を発表した。調査結果によると、回答者本人あるいは回答者の家族にとって、インターネット利用への不安・危険要素の最上位は「個人情報の漏えい」であり、子どもに対しての不安・危険要素の最上位は「アダルト情報や犯罪、出会い系など違法・有害サイトへの接触」であることがわかった。

「フィッシング詐欺」や「インターネット上での犯罪行為」の被害経験は15%に及んだ。これは、回答者の10人に1人以上が実体験としてフィッシング詐欺やインターネット上での犯罪行為に遭遇しており、被害を身近に感じているといえる。また、「有害なサイト」と「犯罪」には関係があると97%が回答し、対策用ソフトの存在も53%が認識している。ただし、自宅でフィルタリングソフトを利用しているのは未だ少数派で、全体の4.6%にとどまった。

http://www.daj.co.jp/company/release/2007/r031501.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×