セキュリティホール情報<2007/03/12> | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.17(日)

セキュリティホール情報<2007/03/12>

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

以下のセキュリティホール情報は、日刊メールマガジン「Scan Daily Express」の見出しのみを抜粋したものです。
「Scan Daily Express」では、全文とセキュリティホールの詳細へのリンクURLをご覧いただけます。

★ お申込みはこちら ★
https://www.netsecurity.ne.jp/14_3683.html

<プラットフォーム共通> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽Sun Java Dynamic Management Kit─────────────────
Sun Java Dynamic Management Kitは、RMI-IIOPでjava.policyを使用するときにセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者にある特定のデータにアクセスされる可能性がある。
2007/03/12 登録

危険度:
影響を受けるバージョン:5.1
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:ベンダの回避策を参照

▽Trac───────────────────────────────
Tracは、"download wiki page as text()"機能がユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でクロスサイトスクリプティングを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にクッキーベースの認証資格証明を奪取される可能性がある。
2007/03/12 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:0.10.3.1未満
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:0.10.3.1以降へのバージョンアップ

▽Coppermine Photo Gallery─────────────────────
Coppermine Photo Galleryは、いくつかのスクリプトに細工されたURLリクエストを送ることで悪意あるファイルを追加されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にWebサーバ上で任意のコードを実行される可能性がある。
2007/03/12 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:すべてのバージョン
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽Fish───────────────────────────────
Fishは、いくつかの機能が適切なチェックを行っていないことが原因でバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にアプリケーションをクラッシュされたりシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。
2007/03/12 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:Fish for irssi 0.99、Fish for mIRC 1.29、
Fish for Xchat 0.98
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽WordPress────────────────────────────
WordPressは、admin-db.phpスクリプトに細工されたSQLステートメントを送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。
2007/03/12 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:2.1.2以前
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽PMB Services───────────────────────────
PMB Servicesは、いくつかのスクリプトに細工されたURLリクエストを送ることで悪意あるファイルを追加されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にWebサーバ上で任意のコードを実行される可能性がある。
2007/03/12 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:3.0.13以前
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽PHP PECL zip Extension──────────────────────
PHP PECL zip Extensionは、"zip:" URLを適切にチェックしていないことが原因でスタックベースのバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。
2007/03/12 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:1.8.3以前
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:1.8.4以降へのバージョンアップ

▽PHP───────────────────────────────
PHPは、NTWDBLIB.DLLのdbopen() 機能が適切なチェックを行っていないことが原因でスタックベースのバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。
2007/03/12 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:4.4.6、Win32 Installer 5.2.1
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽GaziYapBoz────────────────────────────
GaziYapBozは、kategori.aspスクリプトに細工されたSQLステートメントを送ることでSQLインジェクションを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にデータベース上のデータを修正されたり削除される可能性がある。
2007/03/12 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:すべてのバージョン
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽Magic CMS────────────────────────────
Magic CMSは、mysave.phpスクリプトに細工されたURLリクエストを送ることで悪意あるファイルを追加されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にWebサーバ上で任意のコードを実行される可能性がある。
2007/03/12 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:4.2.747
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽netForo!─────────────────────────────
netForo!は、down.phpスクリプトに「/.../」を含む細工されたリクエストを送ることでディレクトリトラバーサルを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にサーバ上の任意のファイルを閲覧される可能性がある。 [更新]
2007/03/09 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:0.1
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:公表されていません

▽Nodefamily module for Drupal───────────────────
Nodefamily module for Drupalは、細工されたURLリクエストを送信されることが原因でセキュリティー制限を回避されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にユーザプロフィールを修正されたりシステムにアクセスされる可能性がある。 [更新]
2007/03/09 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:5.x〜5.x-1.0未満
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:ベンダの回避策を参照

▽Project issue tracking module for Drupal─────────────
Project issue tracking module for Drupalは、細工されたURLリクエストによってセキュリティ制限を回避されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にノードの内容を閲覧される可能性がある。 [更新]
2007/03/09 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:4.7.x-1 pr、4.7.x-1.3、4.7.x-2 pr、
4.7.x-2.3、5.x-0.2-beta未満
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:ベンダの回避策を参照

▽Novell NetMail──────────────────────────
Novell NetMailは、細工されたTCP認証のリクエストを送信されることが原因でヒープベースのバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]
2007/03/08 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:3.52、6.5
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:3.52E以降へのバージョンアップ

▽GnuPG──────────────────────────────
多くのメールソフトに採用されているGnuPGは、署名されたメッセージに任意の内容を加えられることでセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に署名されたメッセージの内容を偽装される可能性がある。 [更新]
2007/03/07 登録

危険度:
影響を受けるバージョン:1.4.6未満
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:1.4.7へのバージョンアップ

▽Mozilla Firefox / Thunderbird / SeaMonkey────────────
Mozillaは、Firefox、Thunderbird、Seamonkeyのバージョンアップ版を公開した。このアップデートにより、複数の問題が修正されている。最新版未満のバージョンでは、さまざまな攻撃を受ける可能性がある。 [更新]
2007/02/26 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:Firefox 1.5.0.10未満、2.0.0.2未満、
SeaMonkey 1.0.8未満、
Thunderbird 1.5.0.10未満
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:ベンダの回避策を参照

▽Sun Java Runtime Environment (JRE)────────────────
Sun Java Runtime Environment (JRE)は、細工されたJavaアプレットを作成されることが原因でヒープベースのバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]
2007/01/18 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:JDK 5.0 Update9未満、Sun JRE 1.3.1_18以前、
1.4.2_12以前、5.0 Update9未満、
Sun SDK 1.3.1_18以前、1.4.2_12以前
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:ベンダの回避策を参照

▽Sun Java Runtime Environment (JRE)────────────────
Sun Java Runtime Environment (JRE)は、セキュリティー制限を回避されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上の他のアプレットのデータにアクセスされる可能性がある。 [更新]
2006/12/21 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:JDK 5.0 Update6未満、Sun JRE 1.3.1_18以前、
1.4.2_12以前、5.0 Update6未満、
Sun SDK 1.3.1_18以前、1.4.2_12以前
SeaMonkey 1.0.7未満
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:ベンダの回避策を参照

▽Mozilla Firefox/Thunderbird/SeaMonkey──────────────
Mozilla Firefox、Thunderbird、Seamonkeyは、バージョンアップ版を公開した。このアップデートにより、複数の問題が修正されている。最新版未満のバージョンでは、さまざまな攻撃を受ける可能性がある。 [更新]
2006/12/21 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:Firefox 1.5〜1.5.0.9未満、
Foundation: Firefox 2.0〜2.0.0.1未満、
SeaMonkey 1.0.7未満、
Thunderbird 1.5.0.9未満
影響を受ける環境:UNIX、Linux、Windows
回避策:ベンダの回避策を参照

<その他の製品> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽Adobe Reader───────────────────────────
Adobe Readerは、AcroPDF.dll ActiveXコントロールが原因でDoS攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に利用可能なリソースをすべて消費されたりブラウザをクラッシュされる可能性がある。
2007/03/12 登録

危険度:低
影響を受けるバージョン:8.0
影響を受ける環境:Windows
回避策:公表されていません

▽Rediff──────────────────────────────
Rediffは、Toolbar ActiveXコントロール(redifftoolbar.dll)が原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。
2007/03/12 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:すべてのバージョン
影響を受ける環境:Windows
回避策:公表されていません

▽CA eTrust Admin─────────────────────────
CA eTrust Adminは、eTrust Admin GINAパスワードリセットインタフェースにアクセスできることが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者に権限を昇格される可能性がある。
2007/03/12 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:8.1.0、8.1.1、8.1.2
影響を受ける環境:Windows
回避策:ベンダの回避策を参照

▽TFTP Server TFTPDWIN───────────────────────
TFTP Server TFTPDWINは、recv_from() コールが長いメッセージを適切に処理していないことが原因でDoS攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にサービスをクラッシュされる可能性がある。
2007/03/12 登録

危険度:低
影響を受けるバージョン:0.4.2
影響を受ける環境:Windows
回避策:公表されていません

<UNIX共通> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽Enigmail─────────────────────────────
Enigmailは、メールの添付ファイルを適切に処理していないことが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にDoS攻撃を受ける可能性がある。
2007/03/12 登録

危険度:低
影響を受けるバージョン:0.94.2未満
影響を受ける環境:UNIX、Linux
回避策:0.94.2以降へのバージョンアップ

▽WEBO───────────────────────────────
WEBOは、foldertree.phpスクリプトに細工されたURLリクエストを送ることで悪意あるファイルを追加されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にWebサーバ上で任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]
2007/03/09 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:0.1未満
影響を受ける環境:UNIX、Linux
回避策:公表されていません

▽tcpdump─────────────────────────────
tcpdumpは、細工された802.11のフレームを送信されることが原因でバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行されたりアプリケーションをクラッシュされる可能性がある。 [更新]
2007/03/02 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:3.9.5
影響を受ける環境:UNIX、Linux
回避策:tcpdump_3_9 branch以降へのバージョンアップ

▽KDE Konqueror──────────────────────────
KDE Konquerorは、HTMLコメントのHTMLタグを適切に処理していないことが原因でクロスサイトスクリプティングを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にクッキーベースの認証資格証明を奪取される可能性がある。 [更新]
2007/02/01 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:3.5.5
影響を受ける環境:UNIX、Linux
回避策:公表されていません

<Linux共通>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽MindTouch DekiWiki────────────────────────
MindTouch DekiWikiは、popup-notopic.phpスクリプトがユーザ入力を適切にチェックしていないことが原因でクロスサイトスクリプティングを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にクッキーベースの認証資格証明を奪取される可能性がある。
2007/03/12 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:gooseberry未満
影響を受ける環境:Linux
回避策:gooseberry++以降へのバージョンアップ

▽Linux kernel───────────────────────────
Linux kernelは、nfsaclsvc_release_getacl () 機能が原因でDos攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、攻撃者にシステムをクラッシュされる可能性がある。 [更新]
2007/02/21 登録

危険度:低
影響を受けるバージョン:2.6.18.7未満、2.6.19.4未満、2.6.20.1未満
影響を受ける環境:Linux
回避策:2.6.18.7以降、2.6.19.4以降および2.6.20.1以降へのバージョン
アップ

▽ImageMagick/GraphicsMagick────────────────────
ImageMagickおよびGraphicsMagickは、coders/palm.cスクリプトのReadPALMImage機能が原因でバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]
2007/02/20 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:GraphicsMagick 全てのバージョン、
ImageMagick 全てのバージョン
影響を受ける環境:Linux
回避策:ベンダの回避策を参照

▽Linux kernel───────────────────────────
Linux kernelは、key_alloc_serial機能が原因でDos攻撃を実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者にシステムをクラッシュされる可能性がある。 [更新]
2007/02/13 登録

危険度:低
影響を受けるバージョン:2.6.18-1.2239
影響を受ける環境:Linux
回避策:ベンダの回避策を参照

▽Linux kernel───────────────────────────
Linux kernelは、listxattrシステムコールがbad_inode_opsリターン値を処理するときにエラーが発生することでDos攻撃を実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行されたり、システムをクラッシュされる可能性がある。 [更新]
2007/02/01 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:2.6.x
影響を受ける環境:Linux
回避策:2.6.18.6および2.6.20-ro4以降へのバージョンアップ

▽Linux-PAM────────────────────────────
Linux-PAMは、細工されたアーギュメントを送信されることが原因でバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者に権限を昇格されてシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]
2007/01/30 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:0.8.0未満
影響を受ける環境:Linux
回避策:0.8.0以降へのバージョンアップ

▽Linux Kernel───────────────────────────
Linux Kernelは、mincore ()機能が原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者にDos攻撃を実行される可能性がある。 [更新]
2006/12/21 登録

危険度:低
影響を受けるバージョン:2.4.33.5未満
影響を受ける環境:Linux
回避策:2.4.33.6以降へのバージョンアップ

▽Linux kernel───────────────────────────
Linux kernelは、細工されたELFファイルが原因でDos攻撃を実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者にシステムをクラッシュされる可能性がある。 [更新]
2006/09/20 登録

危険度:低
影響を受けるバージョン:2.6.17未満
影響を受ける環境:Linux
回避策:2.6.17.11以降へのバージョンアップ

<SunOS/Solaris>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽Sun Fire Server Software─────────────────────
Sun Fire Server Softwareは、ipmitool (1m)ユーティリティで特定されていないセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートおよびローカルの攻撃者に権限を昇格される可能性がある。 [更新]
2007/03/09 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:Sun Fire X2100M2、X2200M2 Servers、
firmware 2.91未満
影響を受ける環境:Sun Fire
回避策:firmware version 2.91へのバージョンアップ

▽Sun Solaris───────────────────────────
Sun Solarisは、細工されたtelnetログインリクエストをシステムに送信されることが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に認証を回避されて無許可のアクセス権を奪取される可能性がある。 [更新]
2007/02/13 登録

危険度:高
影響を受けるバージョン:10、11
影響を受ける環境:Sun Solaris
回避策:公表されていません

<BSD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽OpenBSD─────────────────────────────
OpenBSDは、mbufの正しくない取り扱いが原因でDos攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者にカーネルをクラッシュされる可能性がある。 [更新]
2007/03/09 登録

危険度:低
影響を受けるバージョン:3.9、4.0
影響を受ける環境:OpenBSD
回避策:パッチのインストール

<Mac OS X> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽Apple Safari───────────────────────────
Apple Safariは、HTMLコメントのHTMLタグを適切に処理していないことが原因でクロスサイトスクリプティングを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にクッキーベースの認証資格証明を奪取される可能性がある。 [更新]
2007/02/01 登録

危険度:中
影響を受けるバージョン:2.0.4
影響を受ける環境:Mac OS X
回避策:公表されていません

<リリース情報> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽OpenSSH─────────────────────────────
OpenSSH 4.6p1がリリースされた。
http://www.openssh.com/

▽OpenSSH─────────────────────────────
OpenSSH 4.6がリリースされた。
http://www.openssh.com/

▽Windows Internet Explorer 7 powered by MSN Japan─────────
Windows Internet Explorer 7 powered by MSN Japanがリリースされた。
http://promotion.msn.co.jp/ie7/

▽Linux kernel 2.6.x 系──────────────────────
Linux kernel 2.6.20.2がリリースされた。
http://www.kernel.org/

▽Linux kernel 2.6.x 系──────────────────────
Linux kernel 2.6.21-rc3-git7がリリースされた。
http://www.kernel.org/

<セキュリティトピックス> ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▽トピックス
総務省、住民基本台帳法の一部を改正する法律案
http://www.soumu.go.jp/menu_04/k_houan.html

▽トピックス
総務省、電子自治体のシステム構築のあり方に関する検討会(第12回)議事次第・配付資料
http://www.soumu.go.jp/denshijiti/070306.html

▽トピックス
総務省、個人情報の漏えい事案に関するKDDI株式会社に対する勧告
http://www.soumu.go.jp/s-news/2007/070309_5.html

▽トピックス
Vendor Status Note、JVNCIAC-R-141 ImageMagick に複数の脆弱性
http://jvn.doi.ics.keio.ac.jp/ciac/JVNCIAC-R-141.html

▽トピックス
トレンドマイクロ、サーバメンテナンスのお知らせ(2007年3月16日)
http://www.trendmicro.co.jp/support/news.asp?id=928

▽トピックス
ソースネクスト、「ウイルスセキュリティ」のサーバーメンテナンスを実施
http://sec.sourcenext.info/support/

▽トピックス
キングソフト、キングソフトインターネットセキュリティ2007 春の新生活応援キャンペーン実施
http://www.kingsoft.jp/release/070309.htm

▽トピックス
NTTドコモ、【最終報】関東・甲信越地域においてFOMAがご利用しづらい状況について
http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/070309_00_m.html

▽トピックス
NTTドコモ、おサイフケータイ対応端末の契約数が全国で2,000万を突破
http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/20070309b.html

▽トピックス
au、お客様情報紛失に関する総務大臣からの勧告について
http://www.kddi.com/corporate/news_release/2007/0309a/index.html

▽トピックス
ネットレイティングス、データクロニクル2006・ファクトシートインターネット人口の伸びは鈍化、総利用時間は大きく拡大
http://csp.netratings.co.jp/nnr/PDF/Newsrelease03122007_J.pdf

▽トピックス
サイトロック、中小企業向けITシステム運用や情報セキュリティの運用におけるソリューションを拡販するため、代理店政策を積極的に展開
http://www.siterock.co.jp/companyinfo/topics/070312.html

▽トピックス
クライム、ネットワーク・バックアップ・ソリューション「NovaNET」の販売開始
http://www.climb.co.jp

▽トピックス
データ復旧センター、コンピューターフォレンジック(データ解析)サービスを開始
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=12515&medium_id=969

▽トピックス
グッド・ワン、Windowsパソコン向け認証セキュリティキー『Smart Signaturekey』販売開始
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=12442&medium_id=969

▽トピックス
マイクロソフト、「マイクロソフト Windows Vistaが経済に及ぼす効果」に関するIDC調査レポート
http://download.microsoft.com/download/4/5/c/45cb3e91-98fb-488d-aaeb-52ef8b8de02f/IDCVistaEcoImpact.pdf

▽トピックス
パワーメディア、Mac/Win対応 自社設置型オンラインセキュアストレージ『「シンプルストレージ」』を発表
http://simplestorage.jp/

▽トピックス
ビー・ストリーム、法人企業向け情報漏洩対策製品サービス「B-Compliance」の販売を開始
http://www.connectpartner.jp/bc/

▽サポート情報
アンラボ、V3 緊急アップデート情報(2007-03-10)
http://japan.ahnlab.com/news/view.asp?seq=2146&pageNo=1&news_gu=04&title='V3%20%8B%D9%8B}%83A%83b%83v%83f%81[%83g%8F%EE%95%F1'

▽サポート情報
アンラボ、V3 / SpyZero 定期アップデート情報(2007-03-10)
http://japan.ahnlab.com/news/view.asp?seq=2145&pageNo=1&news_gu=04&title='V3%20/%20SpyZero%20%92%E8%8A%FA%83A%83b%83v%83f%81[%83g%8F%EE%95%F1'

▽ウイルス情報
日本エフセキュア、PcClient.YW
http://www.f-secure.co.jp/v-descs/v-descs3/pcclient-yw.htm

▽ウイルス情報
ソフォス、W32/Locksky-BH (英語)
http://www.sophos.com/security/analyses/w32lockskybh.html

▽ウイルス情報
ソフォス、Troj/Mdrop-BOV (英語)
http://www.sophos.com/security/analyses/trojmdropbov.html

▽ウイルス情報
ソフォス、Troj/Bdoor-ACX (英語)
http://www.sophos.com/security/analyses/trojbdooracx.html

▽ウイルス情報
ソフォス、W32/Delbot-T (英語)
http://www.sophos.com/security/analyses/w32delbott.html

▽ウイルス情報
ソフォス、Troj/Achi-A (英語)
http://www.sophos.com/security/analyses/trojachia.html

▽ウイルス情報
ソフォス、Troj/VB-DNE (英語)
http://www.sophos.com/security/analyses/trojvbdne.html

▽ウイルス情報
ソフォス、W32/Tilebot-JF (英語)
http://www.sophos.com/security/analyses/w32tilebotjf.html

▽ウイルス情報
ソフォス、Troj/WowPWS-AV (英語)
http://www.sophos.com/security/analyses/trojwowpwsav.html

▽ウイルス情報
ソフォス、Troj/Lineag-AJN (英語)
http://www.sophos.com/security/analyses/trojlineagajn.html

▽ウイルス情報
ソフォス、Mal/Psyme-B (英語)
http://www.sophos.com/security/analyses/malpsymeb.html

▽ウイルス情報
ソフォス、W32/Dref-Y
http://www.sophos.co.jp/security/analyses/w32drefy.html

▽ウイルス情報
ソフォス、Mal/Psyme-A (英語)
http://www.sophos.com/security/analyses/malpsymea.html

▽ウイルス情報
ソフォス、Mal/JSShell-A (英語)
http://www.sophos.com/security/analyses/maljsshella.html

▽ウイルス情報
ソフォス、W32/VB-CXA (英語)
http://www.sophos.com/security/analyses/w32vbcxa.html

▽ウイルス情報
ソフォス、W32/VB-CXC (英語)
http://www.sophos.com/security/analyses/w32vbcxc.html

▽ウイルス情報
ソフォス、W32/Tilebot-JE (英語)
http://www.sophos.com/security/analyses/w32tilebotje.html

▽ウイルス情報
ソフォス、Troj/Banker-EBO (英語)
http://www.sophos.com/security/analyses/trojbankerebo.html

▽ウイルス情報
ソフォス、Troj/Clicker-EE (英語)
http://www.sophos.com/security/analyses/trojclickeree.html

▽ウイルス情報
ソフォス、Troj/Caprobad-A (英語)
http://www.sophos.com/security/analyses/trojcaprobada.html

▽ウイルス情報
ソフォス、Troj/Ranck-FG (英語)
http://www.sophos.com/security/analyses/trojranckfg.html

▽ウイルス情報
ソフォス、Troj/Dloadr-AUX (英語)
http://www.sophos.com/security/analyses/trojdloadraux.html

▽ウイルス情報
ソフォス、Troj/Psyme-EA
http://www.sophos.co.jp/security/analyses/trojpsymeea.html

▽ウイルス情報
ソフォス、W32/Gosbot-Fam (英語)
http://www.sophos.com/security/analyses/w32gosbotfam.html

▽ウイルス情報
ソフォス、Troj/Gina-AI (英語)
http://www.sophos.com/security/analyses/trojginaai.html

▽ウイルス情報
ソフォス、W32/Poebot-KK (英語)
http://www.sophos.com/security/analyses/w32poebotkk.html

▽ウイルス情報
ソフォス、Troj/DLame-Fam (英語)
http://www.sophos.com/security/analyses/trojdlamefam.html

▽ウイルス情報
ソフォス、Mal/SpyDll-B (英語)
http://www.sophos.com/security/analyses/malspydllb.html

▽ウイルス情報
ソフォス、W32/Mytob-IS
http://www.sophos.co.jp/security/analyses/w32mytobis.html

▽ウイルス情報
ソフォス、W32/Tilebot-JD (英語)
http://www.sophos.com/security/analyses/w32tilebotjd.html

▽ウイルス情報
ソフォス、W32/VB-DLK (英語)
http://www.sophos.com/security/analyses/w32vbdlk.html

▽ウイルス情報
ソフォス、W32/Goldax-D (英語)
http://www.sophos.com/security/analyses/w32goldaxd.html

▽ウイルス情報
ソフォス、DS070309
http://www.sophos.co.jp/security/analyses/ds070309.html

▽ウイルス情報
マカフィー、W32/Nirbot.worm
http://www.mcafee.com/japan/security/virN.asp?v=W32/Nirbot.worm

◆アップデート情報◆
───────────────────────────────────
●Debianがmozillaのアップデートをリリース
───────────────────────────────────
Debianがmozillaのアップデートをリリースした。このアップデートによって、mozillaにおける複数の問題が修正される。

Debian Security Advisory
http://www.debian.org/security/

───────────────────────────────────
●Gentoo Linuxが複数のアップデートをリリース
───────────────────────────────────
Gentoo Linuxがseamonkey、smb4kおよびkdelibsのアップデートをリリースした。このアップデートによって、それぞれの問題が修正される。

Gentoo Linux
http://www.gentoo.org/

───────────────────────────────────
●Mandriva Linuxが複数のアップデートをリリース
───────────────────────────────────
Mandriva Linuxがekiga、gnupg、timezoneおよびkernelのアップデートをリリースした。このアップデートによって、それぞれの問題が修正される。

Mandriva Security Advisory
http://www.mandriva.com/security
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. OSSのデータ収集ツール「Fluentd」に任意コマンド実行などの脆弱性(JVN)

    OSSのデータ収集ツール「Fluentd」に任意コマンド実行などの脆弱性(JVN)

  2. 送信者を偽装できる脆弱性「Mailsploit」に注意、メールソフト別対応状況一覧(JPCERT/CC)

    送信者を偽装できる脆弱性「Mailsploit」に注意、メールソフト別対応状況一覧(JPCERT/CC)

  3. 「Microsoft Office 数式エディタ」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

    「Microsoft Office 数式エディタ」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  4. 複数のTLS実装に、暗号化通信データを解読される脆弱性(JVN)

  5. 8以降のWindowsに、特定のメモリアドレスのコードを悪用される脆弱性(JVN)

  6. Microsoft Office の数式エディタにおけるバッファオーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

  7. Microsoft .NET Framework における WSDL パーサでの値検証不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  8. AIや機械学習による自動化がさまざまなサイバー攻撃に活用、2018年予想(フォーティネット)

  9. 脆弱性体験学習ツール「AppGoat」の集合教育向け手引書と解説資料を公開(IPA)

  10. サポート終了のモバイルルータ「PWR-Q200」に脆弱性、使用中止を呼びかけ(JVN)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×