狙われるPIN番号、デビットカード (1)端末に細工、情報を盗み取る手口が続発 | ScanNetSecurity
2021.08.05(木)

狙われるPIN番号、デビットカード (1)端末に細工、情報を盗み取る手口が続発

2月19日付け『Boston Globe』が、米国のスーパーマーケットのチェーン、STOP & SHOPで情報漏洩事件があったと伝えた。STOP & SHOPはニューイングランド、ニューヨーク、ニュージャージーなどで主に店舗を展開していて、店舗数は360軒を超える。

特集 特集
2月19日付け『Boston Globe』が、米国のスーパーマーケットのチェーン、STOP & SHOPで情報漏洩事件があったと伝えた。STOP & SHOPはニューイングランド、ニューヨーク、ニュージャージーなどで主に店舗を展開していて、店舗数は360軒を超える。

報道は、2月17日付けSTOP & SHOPのプレスリリースを受けてのもので、何者かがレジで使用しているPIN パッドに細工を加えて、デビットカードやクレジットカードの口座番号やPIN 番号などの情報を2月上旬に盗難したというものだ。被害に遭ったのは同社のロードアイランド州にある2店舗だ。

所有者以外がカードを不正に使用したことを、ある金融機関に対してカード所有者が連絡。他に同様の事件が起こっていないか調査したところ、被害者が複数いることが判明した。そして、不正使用に遭った被害者をさらに調べ、共通点としてSTOP & SHOPで買い物をしていたことがわかった。STOP & SHOPのプレスリリースでは2店からの漏洩だったが、その2日後に報じた『BostonGlobe』はさらに4店で、PINパッドが換えられているとしている。

STOP & SHOPでは現在、警察およびシークレットサービスの捜査に協力している。個人情報漏洩事件では、捜査中を理由に事件をすぐに明らかにしないことが多いが、今回は…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
この記事には続きがあります。
全文はScan Security Management本誌をご覧ください。

◎有料版Scan申込> http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m02_ssm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×