ディスカウントストア・チェーンから情報漏洩(2)事件は業界に対する警鐘となるか | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

ディスカウントストア・チェーンから情報漏洩(2)事件は業界に対する警鐘となるか

●金融機関の反応

特集 特集
●金融機関の反応

事件が最初に明らかになった2日後の19日、『Computer World』が、TJXの本社のあるマサチューセッツ州では、約40件の金融機関がクレジットカード会社から連絡を受け、利用者が被害に遭っているようだと伝えた。マサチューセッツ・バンカーズ・アソシエーションのスポークスマンの発表により明らかになった。この数字はマサチューセッツ・バンカーズ・アソシエーションの全メンバー205件のうち、問い合わせに対して60件が回答を行った時点の数字だ。3割に満たないメンバーしか回答していなかったころから、この数字はさらに増える可能性はあるという。

また、これらの金融機関は、クレジットカードやデビットカードの磁気ストライプに保管されていたTrack 2と呼ばれるデータも被害に遭っていることも明らかにしている。このTrack2とは、口座番号や有効期限、暗号化された個人ID番号、およびカードを発行する金融機関がその自由裁量で決める情報についてだ。

但し、Track 2データの保管は、Visa、マスターカードなどが強く押して策定に至ったクレジットカード業界のセキュリティ基準、PCI DSSで禁じている。しかし…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
この記事には続きがあります。
全文はScan Security Management本誌をご覧ください。

◎有料版Scan申込> http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m02_ssm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×