米Microsoft、2月の月例セキュリティパッチの事前通知を公開 | ScanNetSecurity
2021.09.20(月)

米Microsoft、2月の月例セキュリティパッチの事前通知を公開

米マイクロソフト社は2月8日(現地時間)、2月度の月例セキュリティパッチの事前通知を公開した。これによると、パッチの公開は2月13日(日本では2月14日)で12件のパッチが公開される。内訳は、Microsoft Windowsに影響を及ぼす最大深刻度「緊急」のものが5件、Microso

製品・サービス・業界動向 業界動向
米マイクロソフト社は2月8日(現地時間)、2月度の月例セキュリティパッチの事前通知を公開した。これによると、パッチの公開は2月13日(日本では2月14日)で12件のパッチが公開される。内訳は、Microsoft Windowsに影響を及ぼす最大深刻度「緊急」のものが5件、Microsoft Officeに影響を及ぼす最大深刻度「緊急」のものが2件、Microsoft Data Access Componentsに影響を及ぼす最大深刻度「緊急」のものが1件、Windows Live OneCareなどに影響を及ぼす最大深刻度「緊急」のものが1件、Microsoft WindowsおよびMicrosoft Visual Studio、Microsoft WindowsおよびMicrosoft Office、Step-by-Step Interactive Trainingに影響を及ぼす最大深刻度「重要」のものがそれぞれ1件となっている。また、月例パッチに合わせて「Microsoft Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツール」も更新される予定だ。

Microsoft:Microsoft Security Bulletin Advance Notification
http://www.microsoft.com/technet/security/bulletin/advance.mspx
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×