フィッシングで1億円を超える被害 | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

フィッシングで1億円を超える被害

スウェーデンのNordea銀行が800万クローナ(約1億3760万円)の被害を受け、同国メディアは世界最大のオンライン不正と呼び、大きく報じている。

国際 海外情報
スウェーデンのNordea銀行が800万クローナ(約1億3760万円)の被害を受け、同国メディアは世界最大のオンライン不正と呼び、大きく報じている。

攻撃はロシアからだったようで、haxdoor.kiというトロイの木馬を用いたものだ。被害を受けたのはNordeaの約250名の顧客とみられている。但し、他にも121件のアカウントについても調査中ということで、被害者の数や被害額はさらに増える可能性はある。

これらの顧客は、Nordeaから“raking.zip”または“raking.exe”というファイル名のスパム対策プログラムをダウンロードするよう求めるe-mailを受信。しかし、これらのプログラムはスパイ対策どころか、haxdoor.kiをインストールしてしまうものだった。

haxdoor.kiはこの時点では実際に活動を開始しない。稼動するのは…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×