ウェブルート、1月の国内トップ10スパイウェアランキングを発表 | ScanNetSecurity
2021.09.20(月)

ウェブルート、1月の国内トップ10スパイウェアランキングを発表

ウェブルート・ソフトウェア株式会社は2月1日、「1月の国内トップ10スパイウェアランキング」を発表した。これは、同社のスパイウェア検索ツール「Spy Audit」を利用して集められた最新のスパイウェアの情報をまとめたもの。発表によると、アドウェアでは「System Docto

製品・サービス・業界動向 業界動向
ウェブルート・ソフトウェア株式会社は2月1日、「1月の国内トップ10スパイウェアランキング」を発表した。これは、同社のスパイウェア検索ツール「Spy Audit」を利用して集められた最新のスパイウェアの情報をまとめたもの。発表によると、アドウェアでは「System Doctor 2006」および「DriveCleaner」の日本語化された詐欺的なセキュリティソフトウェアが常に上位にランクされており、感染が減る傾向が見られない。これらは自分でインストールする以外にトロイの木馬によりインストールされることもあるため注意を呼びかけている。

トロイの木馬では、常に上位にランクされている「Trojan-Downloader-Zlob」と「Trojan Hachilem」が1位、2位となった。両方ともアダルト系のサイトで感染するので、そのようなサイトでのソフトウェアのインストールは決して行わないように注意が必要としている。システムモニタでは、1位に「Skin98」、2位に「Any@Web」と前月同様のランキングとなった。


webroot
http://www.webroot.com/jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×