機密コンテンツフィルタリングアプライアンスに新モデル1500が登場(マクニカネットワークス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.18(土)

機密コンテンツフィルタリングアプライアンスに新モデル1500が登場(マクニカネットワークス)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

マクニカネットワークス株式会社は12月14日、米Code Green Networks社製の機密コンテンツフィルタリングアプライアンスの新モデル「CI Appliance 1500」の販売を開始した。

同製品は、マルチプロトコル(HTTP/FTP/SMTP/その他TCP)対応によりメール、Web、FTP経由で外部へ出て行くトラフィックデータから機密コンテンツを検出し、管理者に警告することが可能なセキュリティアプライアンス。機密コンテンツの中身を複数パターンのハッシュとして記憶するフィンガープリント技術(US特許出願中)の実装により、従来のようなキーワードやファイル名を基準にしたフィルタリングではなく、機密コンテンツの中身そのものを基準にした高精度なフィルタリングを実現。ファイル形式やファイル名が変更されたデータや元データからのコピー&ペースト部分なども検出可能。

新モデル1500は、新たに違反メール(SMTP)のブロッキング機能を搭載。本文または添付ファイル内から機密コンテンツを検出した場合に、アラームと同時に外部への送信をブロックすることが可能となった。また、無制限、1000ユーザー、250ユーザーモデルの3つのラインナップが用意され、企業規模に合わせた選択が可能となっている。価格は上位から26,250,000円、13,125,000円、6,615,000円。

http://www.macnica.co.jp/release/detail.html?press_release.press_tmp[id]=327.3
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

    「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

  2. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  3. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  4. サイバー攻撃の観測レポートや注意喚起情報などをブログ形式で発信(IIJ)

  5. 新たにCISOを設置、SOCにCSIRTとPSIRT機能を集約し経営体制を強化(東芝)

  6. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

  7. セキュリティ専門家がCSIRTの新規構築、既存の見直し・強化を支援(SBT)

  8. ITだけでなくOT、IoT分野のセキュリティインシデントに早期対応するSOC(日立システムズ)

  9. ここが危ないインターネット クレジットカードの落とし穴

  10. 人の動作に偽装するボットアクセスを検知(アカマイ)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×