進化するフィッシング詐欺・不正 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.25(水)

進化するフィッシング詐欺・不正

国際 海外情報

『Vnunet』が、Symantecから「2006年は(インターネット上での)不正が悪化した年」とのコメントを受けたと報告した。これは、SymantecがVnunetに対して行ったレポートによるもので、オンラインでの不正、特にフィッシングが、今年は非常に高度化したという。

Symantecは
・2006年上半期、毎日700万件以上のフィッシング
・うち900件以上がユニークメッセージ
・なりすましに使用された会社、組織の7割が米国に本社をおく組織
・フィッシングの9割は金融機関がターゲット
・VoIPとSMSが悪用されるケースが増加
などと報告している。

VoIPはインターネット、イントラネットといったIPネットワークで音声を伝達する技術で、低料金のインターネット電話はこのVoIPによるものだ。VoIPが悪用されるケースは、ヴィッシングと新たに名前をつけられている。リンクの代わりに電話番号が記載されたe-mailが送付される。フィッシング詐欺については、業界などで啓蒙活動が進み、リンクをクリックするユーザーは減少しているが、電話番号の場合はまだ、さほど知られていないこともあり、連絡をしてしまうことが多い。

そして記載の電話番号に連絡をとると…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×