金融機関内部関係者にオープンなPIN番号 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.20(月)

金融機関内部関係者にオープンなPIN番号

国際 海外情報

銀行のATMの暗証番号、PIN番号が、金融機関の内部関係者にとって、簡単に入手できると、セキュリティ研究者が警告を行った。

内部関係者が個人情報盗難を行うとすれば、口座の持ち主の誕生日などの個人情報へのアクセスがあるからと考えがちだが、今回の警告は脆弱性に関するもので、ATMのPINの暗号化処理およびそれを国際的な金融ネットワークを通して送信する方法に関するものだ。以前にも内部関係者なら10数回、トライするだけで、PINを割り出せるとして、警告されたことがあったが、今回、明らかになった脆弱性は、もっと深刻だという。

警告を行ったのは、イスラエルのオマー・バークマンとオデリア・マシュ・オストロフスキーで、「The Unbearable Lightness of PIN Cracking 」というタイトルの論文で発表されている。2人によると、攻撃はPIN処理APIに関するものだ。

金融機関の利用者は、ATMなどでPIN番号を入力、この内容はカードを発行した金融機関などの認証するための施設に送られる。ハッカーなどが、この送信内容をクラッキングして、口座の残高を盗難することを防ぐために、その際、PINブロックで暗号化をして保護している。ATMと認証施設の間で直接のコミュニケーションが行われることは通常なく、スイッチを通して送られ、このスイッチが暗号化された情報を一度、解除して、認証を行う。

攻撃の1つはこのスイッチに対してで、もう1つは…


【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

    WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  2. スバルのキー・フォブに脆弱性あり、オランダ人技術者語る(The Register)

    スバルのキー・フォブに脆弱性あり、オランダ人技術者語る(The Register)

  3. インドのレジストリで情報漏えい、インドのネットを壊滅させるデータのビットコイン価格とは(The Register)

    インドのレジストリで情報漏えい、インドのネットを壊滅させるデータのビットコイン価格とは(The Register)

  4. 死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

  5. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  6. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  7. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  8. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  9. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  10. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×