ソースコードレベルで脆弱性を検査するサービスを開始(BBSec) | ScanNetSecurity
2022.01.27(木)

ソースコードレベルで脆弱性を検査するサービスを開始(BBSec)

株式会社ブロードバンドセキュリティ(BBSec)は10月20日、フォーティファイ・ソフトウェアと販売代理店契約を締結し、ソースコードセキュリティ対策ソフトウェアの国内販売を開始すると共に、同ソフトを利用したソースコード脆弱性検査サービスを開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ブロードバンドセキュリティ(BBSec)は10月20日、フォーティファイ・ソフトウェアと販売代理店契約を締結し、ソースコードセキュリティ対策ソフトウェアの国内販売を開始すると共に、同ソフトを利用したソースコード脆弱性検査サービスを開始すると発表した。

新サービスは、システムをソースコードレベルで解析し、脆弱性を検査するサービス。50,000種類以上の脆弱性ノウハウを用いて、C/C++、Java、JSP、C#、VB.NET、PL/SQL、TSQL、XMLの脆弱性を検査し、修正支援等が行える。小規模アプリケーションから数千、数万個のモジュール構成の大規模アプリケーションまで様々な規模に対応しているほか、複数の言語が組み合わされたソースコードの検査も可能。ソフトウェアの出荷検査、開発途中での検査等、開発のさまざまな段階で利用できる。

サービス提供は11月1日より。料金は100万円(2週間利用および検証結果の提示)〜。

http://www.bbsec.co.jp/aboutus/press/061020-2.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×