企業向けWebアプリケーション脆弱性検査ツールの低価格版を発売(ウォッチファイア・ジャパン) | ScanNetSecurity
2022.01.22(土)

企業向けWebアプリケーション脆弱性検査ツールの低価格版を発売(ウォッチファイア・ジャパン)

ウォッチファイア・ジャパン株式会社は10月5日、企業向けWebアプリケーション脆弱性検査ツール「AppScan(アップスキャン)」シリーズに、新製品「AppScan QA Single Server版」を追加し、同日より販売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ウォッチファイア・ジャパン株式会社は10月5日、企業向けWebアプリケーション脆弱性検査ツール「AppScan(アップスキャン)」シリーズに、新製品「AppScan QA Single Server版」を追加し、同日より販売を開始した。

同ツールは、診断対象となるWebサイトに対し、「構造解析」「テスト」「評価/分析」の3つのフェーズを自動で実行し、詳細な分析結果をレポートファイルとして出力する診断ソフト。本製品は、自社内であればドメインやIPアドレスを複数指定できる「AppScan QA版」の下位にあたる製品で、機能はそのままで、Webアプリケーションの診断範囲を1つのドメインとIPアドレスに限定することで低価格化したもの。

価格は135万円(税別、年間ライセンス、年間保守/アップグレード込み)。なお、12月22日までは、「スターター・キャンペーン」として95万円(税別)にて提供中。

http://www.watchfire.com/jp/news/releases/10-05-06.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×