認証制度の効果と課題(2)事件、事故を起こしても取り消されない? | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.23(水)

認証制度の効果と課題(2)事件、事故を起こしても取り消されない?

特集 特集

●認証制度が提供する範囲、その限界

ところが、認証制度も普及すれば弊害も出てくる。ルールが唯一の判断基準となるため、ルールを満たしたシステムであれば、同じマークを使用できる。認証取得した企業が少なければ、顧客獲得の差別化となるが、数万社を超えるとマークは最低限の目安にしかすぎなくなる。利用者は、さらに安全なサービスを提供する企業を選ぼうとする。こうなると、もはやマークは最低基準に過ぎなくなる。価値の低下した認証制度は、改めてマークを使用する価値が薄れ、新規に認証取得する企業も減っていく。例えば、ISO9001で知られている品質マネジメントシステムの認証制度のISO9001認証取得事業者数は、新規取得企
業より、認証辞退する企業の数が上回っている。

また、事故を起こしても認証が取り消されないことも問題となっている。例えば…

【執筆:情報セキュリティアナリスト 杉崎仁】

──
この記事には続きがあります。
全文はScan Security Management本誌をご覧ください。

◎有料版Scan申込> http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m02_ssm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. [セキュリティ ホットトピック] 起動領域を破壊し PC を完全にロックするランサムウェア「Petya亜種」

    [セキュリティ ホットトピック] 起動領域を破壊し PC を完全にロックするランサムウェア「Petya亜種」

  2. [セキュリティホットトピック] サイバー攻撃に対して備えるべき機能・組織・文書など、総務省が「防御モデル」として策定

    [セキュリティホットトピック] サイバー攻撃に対して備えるべき機能・組織・文書など、総務省が「防御モデル」として策定

  3. ISMS認証とは何か■第1回■

    ISMS認証とは何か■第1回■

  4. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン6 「誤算」 第1回「プロローグ:七月十日 夕方 犯人」

  5. ここが変だよ日本のセキュリティ 第29回「大事な人。忘れちゃダメな人。忘れたくなかった人。誰、誰……君の名前は……セキュリティ人材!」

  6. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  7. スマホが標的のフィッシング詐欺「スミッシング」とは、現状と対策(アンラボ)

  8. 工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第4回「不在証明」

  9. Man in the Browser と Man in the Middle 攻撃(CA Security Reminder)

  10. シンクライアントを本当にわかっていますか 〜意外に知られていないシンクライアントの真価

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×