Turbolinux Appliance Server対応の迷惑メール・ウイルス対応ソフトウェアを発売(ギデオン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

Turbolinux Appliance Server対応の迷惑メール・ウイルス対応ソフトウェアを発売(ギデオン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社ギデオンは9月4日、Turbolinux Appliance Serverに対応した迷惑メール・ウイルス対策ソフトウェア「ギデオン アンチウイルス アンチスパムPlus TLAS対応」を発売開始した。

本製品は、Linuxメールサーバ専用のウイルス対策ソフト「ギデオン アンチウイルス メールサーバVer.3」にアンチスパム機能を追加した統合製品。独自開発したアンチスパム機能は、メールヘッダ解析およびメッセージ本文のフルテキスト解析、逆引き、RBL、シグネチャDB等の複合フィルタリングによる多次元解析とスパムデータベース(メール発信元URL・発信元のIPアドレス等)との照合により、検知率95%を実現。スパム判定基準は、企業ごとのセキュリティポリシーに則してGUIで簡単に変更することが可能。また、スパムと判定されたメールは、ユーザーには送らずに管理者へ転送するなど、サーバ側で管理可能となっている。

Turbolinux Appliance Server 1.0および2.0対応。価格は50ユーザーで171,000円(次年度更新85,500円)〜。90日間無料で全機能を利用できる体験版を同社サイトにて提供中。

http://www.gideon.co.jp/news/2006904.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×