愛知県の大学病院、患者の情報を含む学術研究用資料などが流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

愛知県の大学病院、患者の情報を含む学術研究用資料などが流出

製品・サービス・業界動向 業界動向

藤田保健衛生大学病院は8月17日、同院医師の個人用PCから患者の情報を含む学術研究用資料などがネットワーク上に流出したことが判明したと発表した。流出した情報の詳細は公表されていないが、同院では情報が流出した患者に内容を知らせ、直接謝罪するとともに、愛知県健康福祉部医務国保課ならびに報道機関窓口にも情報提供したとしている。


藤田保健衛生大学病院
http://www.fujita-hu.ac.jp/HOSPITAL1/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×