セキュリティが心配されるインドBPO(1)香港上海銀行で巨額の情報盗難事件 | ScanNetSecurity
2020.11.29(日)

セキュリティが心配されるインドBPO(1)香港上海銀行で巨額の情報盗難事件

近年、急成長しているインド経済。その中心となっているのは、BPO(Business Process Outsourcing)と呼ばれる、企業における業務プロセスの一部のアウトソーシングをはじめ、ITサービスだ。今回は、インドBPO業者からの情報漏洩事件、そしてその影響などを見てみたい。

特集 特集
近年、急成長しているインド経済。その中心となっているのは、BPO(Business Process Outsourcing)と呼ばれる、企業における業務プロセスの一部のアウトソーシングをはじめ、ITサービスだ。今回は、インドBPO業者からの情報漏洩事件、そしてその影響などを見てみたい。

●情報盗難により、日本円換算で5000万円近くの損害

2005年4月にインドで業務委託を受けるMhasiSで、コールセンターの従業員が、委託元Citibankの顧客情報を不正に使用して注目を集めたが、去る6月、インドのBPO企業の従業員が委託元の極秘情報を盗難。海外アウトソーシングの問題点が再び浮上してきた。

事件があったのは世界的な金融機関HSBC(香港上海銀行)の関連会社のHSBC Electronic Data Processing India。"インドのシリコンバレー"とも呼ばれるハイテク産業の街、南部のバンガロールにある企業だ…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
この記事には続きがあります。
全文はScan Security Management本誌をご覧ください。

◎有料版Scan申込> http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m02_ssm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×