ログ解析専用アプライアンス「LogStare Enterprise」を販売開始(テリロジー) | ScanNetSecurity
2020.10.22(木)

ログ解析専用アプライアンス「LogStare Enterprise」を販売開始(テリロジー)

株式会社テリロジーは7月13日、セキュアヴェイルが提供する、複数のサーバのログを保存・分析が可能なアプライアンス製品「LogStare Enterprise」3モデルの販売を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社テリロジーは7月13日、セキュアヴェイルが提供する、複数のサーバのログを保存・分析が可能なアプライアンス製品「LogStare Enterprise」3モデルの販売を開始すると発表した。

同製品は、ファイアーウォールやメール、Proxyなど多種類のインターネット系サーバのログをデータベース化し、時間、送信元、送信先、状態等のさまざまな観点から分析を可能とするログ解析専用アプライアンス。本製品を、同社が取り扱っている米Infoblox社製のネットワークID管理アプライアンスサーバ「Infoblox DNSone」のDHCP機能と連携させることで、DHCP環境下におけるファイアーウォールやProxy等のログから、問題あるクライアントPCのホスト名を特定することが可能となり、不正アクセス調査などを容易する「アクセスログ分析ソリューション」を実現可能。

価格(税別)は、LS400(ログDB容量40GB)が2,800,000円、LS900(同90GB)が3,500,000円、LS2000(同200GB)が4,300,000円。

http://www.terilogy.com/press/20060713-ls.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×