Yahoo! Messengerをターゲットにしたワームに注意 | ScanNetSecurity
2021.07.27(火)

Yahoo! Messengerをターゲットにしたワームに注意

カリフォルニア州に本社を持つセキュリティソリューションのプロバイダ、FaceTimeが、Yahoo! Messengerをターゲットにした新しいワームを発見したと発表した。

国際 海外情報
カリフォルニア州に本社を持つセキュリティソリューションのプロバイダ、FaceTimeが、Yahoo! Messengerをターゲットにした新しいワームを発見したと発表した。

yhoo32.explrと名づけられたこのワームは、ユーザーをPCにスパイウェアをインストールするサイトへと誘導、“安全なブラウザ(Safety Browser)”をインストールして、Internet Explorerのホームページをハイジャックする。この“安全なブラウザ”はInternet Explorerのアイコンを使用しているので、ユーザーは本物のInternet Explorerと騙されやすい。FaceTimeではyhoo32.explrはユーザーの許可なしにブラウザをインストールする最初のマルウェアだ。このタイプはこれまでにはなかったと話している。

さらにワームは自己繁殖する。yhoo32.explrはYahoo! Messengerのコンタクトリストにある連絡先にワームを送りつける。ファイル名は「explorer.com」とちょっと見た限りでは、exe形式のでもないし、問題はなさそうだ。但し、よく見るとファイル形式はアプリケーションとなっている。

ユーザーが気付かずにダウンロードすると、ホームページがハイジャックされるとともに、PCから音楽が流れ始める。この音楽は聞いて心地よいようなものではなく、“ひどい音楽”だそうだが、さらに困ったことに音声をオフにしない限りは止めることができない。また、PCを起動すると演奏を開始する。そして次には、ハイジャックされたPCが今度はそのYahoo! Messengerのコンタクトリストにある相手にワームを送付する。

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×