KIS、社員個人PCのウイルス感染で13顧客、約5千名の個人情報が流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.25(日)

KIS、社員個人PCのウイルス感染で13顧客、約5千名の個人情報が流出

製品・サービス・業界動向 業界動向

NECの関連会社である株式会社KISは5月30日、同社社員の個人用PCから13顧客、約5千名の個人情報がファイル共有ソフトを介して流出したと発表した。流出した情報は顧客の個人情報、ネットワーク情報、同社の社内資料などとなっており、同社員が自宅に持ち帰っていたところ、個人用PCがウイルスに感染し流出した。同社では、流出の対象となった顧客に個別に連絡し、お詫び、説明と対策を行っている。なお、本日現在、流出情報による二次被害が発生したとの情報はないとしている。

KIS:株式会社KIS からの情報流出について
http://www.kis.co.jp/topics/image/Ryuusyutu.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×