「PacketiX VPN2.0」とは何か メーカー直撃インタビュー(1)PacketiX VPN 2.0の概要、強みと弱み | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.23(月)

「PacketiX VPN2.0」とは何か メーカー直撃インタビュー(1)PacketiX VPN 2.0の概要、強みと弱み

特集 特集

ソフトウェアでレイヤー2VPNを実現するソフトイーサがバージョンアップし、「PacketiX VPN 2.0」と名前を変えて昨年末に登場した。今回、ソフトイーサ社のご協力により、詳細なインタビューを行うことができた。今回から2回に渡り、このインタビューをお送りする。ちなみにソフトイーサ社の代表取締役社長である中村満氏は、「Vzエディタ」で有名なビレッジセンターの代表取締役社長であった人物であり、業界では知らぬ者はいない有名人である。

●スタンダード版サーバで5万2500円と割安感のある価格設定

今回のバージョンアップでは、価格は以下のようになった。これに加えて、個人ユーザー向けに1サーバー+1クライアントの「PacketiX VPN 2.0 HOME Edition for Windows」(9240円)というパッケージ製品を発売した。従来のソフトイーサでは、個人の非商用利用ではフリー版を配布していたが、このフリー版の配布は終了する。

─────────────────────────────────
・サーバ
スタンダード版(クラスタリング機能なし):5万2500円
エンタープライズ版(クラスタリング機能有):9万4500円
ブリッジ接続ライセンス:10万5000円/1ライセンス

・クライアント
8400円/1ライセンス
3万6000円/5ライセンス
6万4000円/10ライセンス
28万0000円/50ライセンス
─────────────────────────────────

●PacketiX VPN2.0のベースとなっている技術とは?

従来、VPNを実現するには、IPSecなどを実装したハードウェアのルータやアプライアンスを使うことが多い。これは、動作自体は安定しているが、相性問題や設定が非常に複雑で面倒などの問題を持つことが多かった。PacketiXはこれをソフト的に行うことにより、従来問題となっていた相性問題や設定の困難さを克服し、利用時の自由度を大幅にあげることを実現した。

PacketiXはソフトウェアでネットワークの仮想化を行っている。通常、インターネットでのPC間の通信は、IPレベルで行われるが、PacketiXでは仮想化技術によって、これを1レベル低いイーサネット(レイヤ2)での通信に見せかけて行う。レイヤ2VPNと呼ばれる所以である。さらにPacketiXでは、ファイアウォール、プロキシサーバなどに妨害されないVPNを実現することができる。このおかげでシステム管理者は既存のファイアウォールやプロキシサーバなどをそのままにVPNを導入することができる。同様に多くのネットワークアプリケーションを使うこともできる。

【執筆:一条真人 http://www009.upp.so-net.ne.jp/showkun/ 】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

    グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

  2. [対談] 人工知能は重要経営課題となったサイバーリスクに対抗できるか

    [対談] 人工知能は重要経営課題となったサイバーリスクに対抗できるか

  3. マンガで実感 !! サイバーセキュリティ 第1話「静かなる目撃者」

    マンガで実感 !! サイバーセキュリティ 第1話「静かなる目撃者」

  4. Heart of Darknet - インターネット闇の奥 第3回「アクターとダークウェブ」

  5. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第4回 「"やりかねない"男」

  6. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  7. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第1回 「プロローグ:身代金再び」

  8. Man in the Browser と Man in the Middle 攻撃(CA Security Reminder)

  9. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第5回「ウソも方便」

  10. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第6回 「川辺」

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×