Web認証経由の無線LAN接続端末における検疫ネットワーク連携を実現(マクニカネットワークス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.26(木)

Web認証経由の無線LAN接続端末における検疫ネットワーク連携を実現(マクニカネットワークス)

製品・サービス・業界動向 業界動向

マクニカネットワークス株式会社は4月11日、米Trapeze Networks社の無線LANシステム「Trapeze Mobility System」を利用した、Web認証経由の無線LAN接続端末における検疫ネットワーク連携を実現したと発表した。同機能を実装したバージョンの出荷は6月末となる予定。

新バージョンでは新たに、ブラウザ上でIDとパスワードを入力する「Web認証」で接続する無線LAN端末に対する健全性チェックや、ゲスト向けインターネット接続サービスで社内ネットワークへ接続しないシステム構成が可能になるDMZトンネリング機能を追加。またWeb認証による検疫ネットワーク連携では、Symantec Corporationの「Sygate On-Demand 2.5」とのソリューションを実現する。今後同社は、無線LAN導入を検討している企業などに対し、セキュアな無線LANの提案を行っていくとしている。


http://www.macnica.co.jp/release/detail.html?press_release.press_tmp[id]=271.4

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×