日本版SOX法の施行による内部統制と個人情報保護(4)個人情報の取り扱いを例に内部統制を確立させる(後編) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.25(土)

日本版SOX法の施行による内部統制と個人情報保護(4)個人情報の取り扱いを例に内部統制を確立させる(後編)

特集 特集

●STEP3 内部統制の検証、不備の是正

チェックポイント
CP5:内部統制を検証する上で必要な書類は?

STEP2で文書化され、組織で承認されると内部統制が動き出す。しかし確実に内部統制が機能しているのだろうか。STEP3では、内部統制の検証を実施して、不備があれば是正を行っていく。その時、何処が問題で、直した経緯を含めて記録する。SOX対応後方支援者は、膨大な不備を漏れなく記録し、個別に実施される是正状況を把握して管理する。SOX対応が法律施行後、継続的に検証が求められる点、SOX法が改訂する可能性を考慮すれば、最初からデータベースを構築し、SOX対応システムを作って運用させた方が経済的という意見もある。

個人情報に関するシステムに対しては、個人情報保護法に備えて、企業が既に活用している診断リストがある。また、省庁からは個人情報に関するガイドラインが公開されている。これらを参考に、STEP2で作成した業務フロー、リスク評価文書等を組み合わせ、内部統制の検証を実施する。

CP5情報:
SOX対応では、確認できる文書と記録があればよく、明確に要求された文書は無い。一般的に次のような文書を使って内部統制を検証した証拠としている。
<内部監査の是正処理手順、内部統制基準、全般統制チェックリスト、変更管理ツールからの出力情報、内部統制・全般統制評価報告書>

【執筆:古川泰弘(神奈川大学 非常勤講師)】

──
この記事には続きがあります。
全文はScan Security Management本誌をご覧ください。

◎有料版Scan申込> http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m02_ssm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. ここが変だよ日本のセキュリティ 第30回「ダメンズ・オーディット! 上場企業なら避けて通れない監査対応に監査感激!」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第30回「ダメンズ・オーディット! 上場企業なら避けて通れない監査対応に監査感激!」

  2. グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

    グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

  3. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

    クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  4. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第8回 「はした金」

  5. [対談] 人工知能は重要経営課題となったサイバーリスクに対抗できるか

  6. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第9回「勤怠簿」

  7. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第10回「面会依頼」

  8. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン6 「誤算」 第1回「プロローグ:七月十日 夕方 犯人」

  9. マンガで実感 !! サイバーセキュリティ 第1話「静かなる目撃者」

  10. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第1回 「プロローグ:身代金再び」

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×