マック安全神話は終わっていない、システムエンジニアが反論 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.22(木)

マック安全神話は終わっていない、システムエンジニアが反論

国際 海外情報

アップル社のマックには情熱的なファンが多い。人気の理由の1つは、マックOSは安全だというためだ。ハッカーに攻撃されることが少ない、OSを狙うウィルスやワームが殆んどない、などなど。Windowsユーザーが常に攻撃を受けていて、ウィルス対策などに労力を費やすのに対して、マックユーザーは快適に使用できると言われていた。

しかし、今年2月に、マックOSを狙うワームが続いて発見され、さらにセキュリティの脆弱性が見つかるなど、マック安全神話が崩れつつある。とうとう3月6日付けで、『ZDNet Austraria』が、「Mac OS X hacked under 30 minutes(マックOS Xは30分未満でハッキング可能)」というタイトルで、文字通り、ハッカーが攻撃を開始してから30分以内にルートコントロールを得た話を紹介している。コンテストの内容は、スウェーデン在住のマックファンが自分のマックミニをサーバーとして、ウェブサイトを書き換えるというものだった。記事では、「(マック)OSは“Easy Pickings"」つまり簡単に攻撃できると語っていると「Gwerdna」と名乗ったハッカーの言葉を紹介している。

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×