着実に被害が拡大している新種のワーム「カーマ・スートラ」 | ScanNetSecurity
2021.12.03(金)

着実に被害が拡大している新種のワーム「カーマ・スートラ」

1997年制作のイギリス映画のタイトルにもなった、インドの聖典「カーマ・スートラ」と名づけられたワームの被害が、世界で着実に拡大している。

国際 海外情報
1997年制作のイギリス映画のタイトルにもなった、インドの聖典「カーマ・スートラ」と名づけられたワームの被害が、世界で着実に拡大している。

このウイルスはセキュリティベンダーによって名前が異なり、"W32/Nyxem-D"、and "W32.Blackmal.E@mm"、"Tearac.A"などとなっている。しかし、一番覚えやすい名称の「カーマ・スートラ」で落ち着きそうだ。

このカーマ・スートラは、一部のワームを送付したメールの件名に登場している。Eメールは一見アダルトスパムで、わいせつ画像や映画を送付していると見せかけている。

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×