通信の機密性を確保し、添付ファイルを含めた通信記録が保存可能な企業向け「セキュアードIM」を開発(NTTコミュニケーションズ) | ScanNetSecurity
2020.10.31(土)

通信の機密性を確保し、添付ファイルを含めた通信記録が保存可能な企業向け「セキュアードIM」を開発(NTTコミュニケーションズ)

エヌ・ティ・ティコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は、IM(インスタントメッセージ)通信の機密性を確保し、添付ファイルを含めた通信記録がネットワーク上に保存可能な「セキュアードIM」を開発したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
エヌ・ティ・ティコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は、IM(インスタントメッセージ)通信の機密性を確保し、添付ファイルを含めた通信記録がネットワーク上に保存可能な「セキュアードIM」を開発したと発表した。

同IMは、受信されるメッセージがすべてセキュアドIMサーバを経由するという独自のアーキテクチャーの採用により、各端末とサーバ間の通信のSSL型VPNによる機密性の確保、全てのメッセージログや添付ファイルの保存・管理、IPv4/v6対応などを実現。日本版SOX法の導入に向け、セキュリティの高い企業向けIMシステムとして開発されたもの。
現在、商用化に向けた実証実験を進めており、ホスティングの付加価値サービスとして本年中に提供することを検討している。

http://www.ntt.com/release/2006NEWS/0001/0123.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×