警戒が求められるIMユーザー | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.18(日)

警戒が求められるIMユーザー

国際 海外情報

近年、インスタント・メッセンジャー(IM)のセキュリティの問題がクローズアップされている。昨年クリスマスあたりから年明けとワームの発見が次々に伝えられた。

まず、12月19日、IM LogicがMSNやAOL、Windows メッセンジャー、Yahooメッセンジャーを通して“Gift.com"という名称のワームを送付する動きがあると報告した。

ワームはユーザーがリンクされているURLをクリックすることで感染。リンクはクリスマスシーズンに合わせて、サンタクロースのウェブサイトになっているので、何気なくアクセスしてしまったユーザーも多かったようだ。

しかし、このワームはスパイウェアで、その上、ルートキットをインストールする仕掛けだ。そのためウィルス対策ソフトも効果がないという悪質なもの。そして感染するとユーザーの「友達」や「メンバー」などアドレスを登録したリストをコントロールしてしまい、リスト内の相手にさらにワームを送付するものだった。

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×